家計簿をつけても貯金できない人のNG癖5つ

ライフリテラシーが低い場合もある

家計簿をつけることが目的になっている人もいる(写真:saki/PIXTA)

皆さんは家計簿と聞くとどんなことをイメージしますか? 多くの方は、「面倒くさい」「できることならやりたくない」と感じるのではないでしょうか。家計簿はそもそも、おカネの流れを知るためには有用なツールですが、いくらつけてもおカネが貯まらない人がいます。その理由をいくつか考えてみましょう。

歯を磨くように家計簿をつけている

1. 家計簿をつけることが目的になっている

長くつけている人の中には、家計簿をつけることが家事の1つとなってしまっている人が少なからずいます。しかも、できることならやりたくない作業になっているようです。

家計簿というのは元来、結婚や出産、子どもの進学など人生の岐路に立たされたときに、「貯金する」「おカネの流れを知る」といった目的を達成するための支援ツールの1つです。

しかし、家計簿をつけ始めてから長年経つと、家計簿をつけることが習慣になり、家計簿をつけないと落ち着かない、そわそわする――そんな気分になるようです。まるで日々、歯磨きをするように、きちんと家計簿をつけているわけですね。

でも、ここはあえて「違う!」と言わせていただきます。家計簿をつけるには、目的があったはずです。その目的が何だったのかを改めて考える必要があります。その目的は、子どもの教育のため、マイホームの頭金を貯めるためなどであったはずです。目的なくして、家計簿をつけたところで、それはほぼ意味のない行為です。

2. おカネを貯めるつもりがない

私は大学時代に家計簿をつけていたのですが、それでもおカネがまったく貯まりませんでした。これは今ならよく理解できるのですが、そもそもおカネを貯めるつもりなんてなかったのです。アルバイトで得られた収入をいかに上手に使うか、という視点だったわけです。月数万円と収入が少ない一方、時間や遊ぶ友達はたくさんいる。

となると、必然的に交際関連支出が多くなります。そもそも遊ぶためにアルバイトをしているわけですから、自然と収入は全額使い切るような格好になります。

次ページ若い夫婦に少なくないのは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT