12月に無理なく始める「年間25万円節約法」

2018年は絶対に「おカネが貯まる人」になる

無理な節約をしなくても、おカネは貯まる。これを読んで「2018年から家計の仕組み作り」を始めよう(写真:sasaki106 / PIXTA)

年末年始は家計を見直すのに最適なタイミングといえます。年始の新鮮な気持ちは新しい事柄をやる気にさせてくれます。

また、普段は忙しくて時間がない人も、まとまった休みをとれる可能性があり、家計を振り返るきっかけにできるからです。この記事を読んだ読者の皆さんは、12月の今はもちろん、冬休みの予定に、「2018年から始める家計の仕組み作り」を加えてみるのはいかがでしょうか。

「家計簿アプリ」使用なら、毎月2万円強の家計改善に

仕組み作りでは家計簿アプリを利用するのはかなり有効です。家計簿アプリを提供している企業はいくつかありますが、代表格であるマネーフォワードが行った意識調査「お金の意識調査 2017年度下半期」によると、ユーザーがサービス利用前後で実感した収支の改善額は、平均で月額2万1513円という結果でした。年間なら25万円以上の改善です。

家計簿による家計の改善は、「日々のデータの記録」→「記録した情報の分析」→「改善案の実践」というステップを踏みます。直接、家計改善に目に見えて効果があるのは、行動に移す「実践の段階」になってからです。できれば、記録に時間をかけず、分析以降に進みたいところですが、やり方を間違えると、データを記録しては忘れたりの繰り返しになったりで、なかなか前に進みません。

その点、家計簿アプリを利用することで、記録の手間を軽減し、分析以降のステップに速やかに入れることは、確かに家計改善の効果を得られそうです。

ラクして分析以降の段階に進む方法は、いくつかありますが、もし家計簿アプリの選定や設定を難しいと感じる人は、どうすればいいでしょうか。

次ページ家計簿アプリを使わずに、収支を改善する方法がある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT