NYダウ458ドル安、ハイテク株が大幅下落

テスラ株5.1%安、貿易摩擦を巡る懸念も

 4月2日、米国株式市場は貿易摩擦を巡る懸念が高まるなかハイテク株が売られ、主要指数は急落した。写真はNY証券取引所のトレーダー、3月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 米国株式市場は貿易摩擦を巡る懸念が高まるなかハイテク株が売られ、主要指数は急落した。ダウ<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>は2016年6月の英国の欧州連合(EU)離脱決定以来初めて200日移動平均を下回った。

中国政府が週末、米国によるアルミニウム・鉄鋼輸入関税への対抗措置として、豚肉やワインなど128の米国製品に最大25%の追加関税を導入したことを受け、週明け2日の米国市場ではハイテク株や一般消費財銘柄を中心に幅広く売りが出た。アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、テスラ<TSLA.O>、マイクロソフト<MSFT.O>の下げが目立った。

アマゾンは5.2%安と、S&P総合500を最も押し下げた。トランプ米大統領がツイッターへの投稿で、アマゾン批判を続けていることが重しとなった。

この日はS&P主要11セクターすべてが下げて終了。

ハイテク株が中心のナスダック総合<.IXIC>は、マイクロソフト、インテル<INTC.O>、アップル<AAPL.O>、フェイスブック<FB.O>、アルファベット<GOOGL.O>が売られ、2.7%安で引けた。

パフォーマンス・トラスト・キャピタル・パートナーズ(シカゴ)のトレーディング責任者、ブライアン・バトル氏は「単なるハイテク株の急落ではない。S&P500が200日移動平均を割り込んだことがすべてに悪影響を与えた」とし、「それがモメンタム売りにつながった。こうした投資家はファンダメンタルズがどうかは気にしない」と述べた。

米電気自動車(EV)メーカーのテスラは5.1%安で終了。「モデル3」の週間生産台数が2000台に達したと報じられたが、目標の2500台には届かなかったもよう。

テスラ株は14%近く下げた先週から下げ幅を拡大している。カリフォルニア州で起きた「モデルX」の衝突死亡事故を巡る調査やムーディーズによる格下げも重し。

米医療保険ヒューマナ<HUM.N>は4.4%高で終了。関係筋は前週ロイターに対し、米小売大手ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>がヒューマナとの関係強化、もしくは同社買収の可能性について協議を進めていることを明らかにした。

ウォルマートは3.8%安。

ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を4.17対1の比率で上回った。ナスダックは4.14対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は77億1000万株。直近20営業日の平均は72億9000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 23644.19 -458.92 -1.90 24076.60 24123.8 23344.5 <.DJI>

0 2

前営業日終値 24103.11

ナスダック総合 6870.12 -193.33 -2.74 7016.17 7044.71 6805.96 <.IXIC>

前営業日終値 7063.45

S&P総合500種 2581.88 -58.99 -2.23 2633.45 2638.30 2553.80 <.SPX>

前営業日終値 2640.87

ダウ輸送株20種 10190.57 -205.99 -1.98 <.DJT>

ダウ公共株15種 686.98 -5.65 -0.82 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1277.01 -51.89 -3.90 <.SOX>

VIX指数 23.62 +3.65 +18.28 <.VIX>

S&P一般消費財 784.11 -22.86 -2.83 <.SPLRCD>

S&P素材 348.61 -7.73 -2.17 <.SPLRCM>

S&P工業 612.04 -12.91 -2.07 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 528.46 -13.27 -2.45 <.SPLRCS>

S&P金融 447.80 -9.73 -2.13 <.SPSY>

S&P不動産 189.62 -2.43 -1.27 <.SPLRCREC

>

S&Pエネルギー 488.35 -9.94 -1.99 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 921.22 -19.51 -2.07 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 149.46 -2.19 -1.44 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1113.28 -28.34 -2.48 <.SPLRCT>

S&P公益事業 254.21 -1.93 -0.75 <.SPLRCU>

NYSE出来高 9.15億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 21075 - 355 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限 円建て 21045 - 385 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。