中国版「宇宙ステーション」は何が違うのか

<動画>2020年に宇宙での組み立てを開始へ

中国当局が宇宙ステーションのコアモジュールを公開した(写真:ロイター)

3月、中国が天津航空宇宙都市で開発された宇宙ステーションのコアモジュールを発表した。これは、同国による有人宇宙計画の3ステップ戦略の最終ステップの実行と位置づけられるものだ。

2020年に宇宙での組み立てを開始へ

中国は有人宇宙ステーションの一部の開発および建設を進めており、2020年に宇宙での組み立てを開始する予定。宇宙ステーションは2022年頃にはフル稼働する予定で、中国は、独自の宇宙ステーションを持つ国としては世界で3番目になる。この宇宙ステーションの開発の背景には、平均年齢35歳のエンジニアのグループの存在がある。

最近、そのエンジニアたちはコアモジュールにおいていくつかのテストを行っている。中国航天科技集团有限公司の配下にある中国宇宙技術アカデミー(CAST)で、宇宙ステーションシステムのシニアデザイナーを務めるチャン・ハオが、このモジュールを発表した。

「これは、宇宙ステーションの中核となるモジュールであり、飛行姿勢、動的特性、および有人環境を制御する、ステーションの主制御部である。大きな円柱状の太い部分は、宇宙飛行士が作業と実験を行う場所。細い部分は、宇宙飛行士が通常の日常生活を営むために、眠ったり自分の体を洗う場所だ」と、チャン・ハオは語った。

この宇宙ステーションは、コアモジュールと2つの実験室から構成され、各キャビンの重量は20トン以上である。 3キャビン構造の宇宙ステーションは、2艘の有人宇宙船および1艘の貨物宇宙船とドッキングできる。

「宇宙船神舟はセダン型自動車のようなものだ。宇宙実験室の天宮1号と天宮2号は、1ベッドルームのアパートのようなもの。この宇宙ステーションは、3つの寝室、リビングルームと倉庫があるアパートである」。こう語るのは、CASTの宇宙ステーションシステムで副チーフデザイナーを務めるチュ・グアンチェンだ。

次ページ困難な道のりだった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT