中国版「宇宙ステーション」は何が違うのか

<動画>2020年に宇宙での組み立てを開始へ

中国当局が宇宙ステーションのコアモジュールを公開した(写真:ロイター)

3月、中国が天津航空宇宙都市で開発された宇宙ステーションのコアモジュールを発表した。これは、同国による有人宇宙計画の3ステップ戦略の最終ステップの実行と位置づけられるものだ。

2020年に宇宙での組み立てを開始へ

中国は有人宇宙ステーションの一部の開発および建設を進めており、2020年に宇宙での組み立てを開始する予定。宇宙ステーションは2022年頃にはフル稼働する予定で、中国は、独自の宇宙ステーションを持つ国としては世界で3番目になる。この宇宙ステーションの開発の背景には、平均年齢35歳のエンジニアのグループの存在がある。

最近、そのエンジニアたちはコアモジュールにおいていくつかのテストを行っている。中国航天科技集团有限公司の配下にある中国宇宙技術アカデミー(CAST)で、宇宙ステーションシステムのシニアデザイナーを務めるチャン・ハオが、このモジュールを発表した。

「これは、宇宙ステーションの中核となるモジュールであり、飛行姿勢、動的特性、および有人環境を制御する、ステーションの主制御部である。大きな円柱状の太い部分は、宇宙飛行士が作業と実験を行う場所。細い部分は、宇宙飛行士が通常の日常生活を営むために、眠ったり自分の体を洗う場所だ」と、チャン・ハオは語った。

この宇宙ステーションは、コアモジュールと2つの実験室から構成され、各キャビンの重量は20トン以上である。 3キャビン構造の宇宙ステーションは、2艘の有人宇宙船および1艘の貨物宇宙船とドッキングできる。

「宇宙船神舟はセダン型自動車のようなものだ。宇宙実験室の天宮1号と天宮2号は、1ベッドルームのアパートのようなもの。この宇宙ステーションは、3つの寝室、リビングルームと倉庫があるアパートである」。こう語るのは、CASTの宇宙ステーションシステムで副チーフデザイナーを務めるチュ・グアンチェンだ。

次ページ困難な道のりだった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。