中国の宇宙施設「天宮1号」、燃え尽きる

大きな破片が地上に落ちる被害なし

4月2日、中国当局は、宇宙実験室「天宮1号」が大気圏に再突入し、南太平洋上で燃え尽きたと発表した。写真は天宮1号のミニチュア。右側に神船9号がドッキングしている。2012年6月撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

[上海 2日 ロイター] - 中国当局は、宇宙実験室「天宮1号」が2日大気圏に再突入し、南太平洋上で燃え尽きたと発表した。

ウェブサイトに掲載した発表文によると、0015GMT(日本時間午前9時15分)頃に再突入したとみられ、この際にその「大部分」が燃え尽きたという。

その直前、再突入はブラジルのサンパウロやリオデジャネイロなどの都市に近い沿岸部上空になるとの見通しを示していた。

当局は3月30日に、大きな破片が地上に落ちる可能性は低いと説明していた。

天宮1号は全長10.4メートルで、同国の宇宙開発計画の一環としてドッキングや軌道上実験のため2011年に打ち上げられた。13年までに退役を予定していたが、何度も延期されていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。