地上最速目指す超音速車が初の公開試験走行

9秒間で時速320キロを達成

  10月26日、英国南西部ニューキーで、地上最速の時速1000マイル(1610キロ)の記録を目指すブラッドハウンド超音速自動車(SSC)の試験走行が初めての公開で行われた(2017年 ロイター/Toby Melville)

[ニューキー(英国) 26日 ロイター] - 英国南西部ニューキーで26日、地上最速の時速1000マイル(1610キロ)の記録を目指すブラッドハウンド超音速自動車(SSC)の試験走行が初めての公開で行われた。

観客が見守る中、ブラッドハウンドは全長2.7キロのトラックを2回走り、9秒間で時速200マイル(320キロ)の速度を達成した。

ブラッドハウンドSSCは、全長約13メートルの宇宙船を思わせる形状で、戦闘機「ユーロファイター・タイフーン」に搭載されているEJ200ジェットエンジンで駆動。数年以内に南アで世界最速走行を目指す。

運転に挑むのは、20年前に前世代車両で現在の記録である時速763マイルを保持する英空軍パイロットのアンディー・グリーン氏。自己記録の更新を目指すことになる。

ブラッドハウンド事業は2008年、時速1000マイルで走行可能な自動車の開発を目的に立ち上げられ、公的部門と、中国の浙江吉利控股集団や英航空・防衛大手ロールスロイスなど民間企業が出資。すでに3000万ポンド(約45億円)が投資されている。最終的な投資額は、6000万ポンドに達する可能性があるとみられている。

プロジェクトのウェブサイトによると、時速1000マイルが実現すれば、航空機の低空飛行記録の時速994マイルを超えることとなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT