女性のハートを射抜くプレイボーイの言葉

絶対に使ってはいけない、危険な口説き文句

もうひとつ重要な技術は「近くより、遠くでホメる」です。

直接ホメるのもいいのですが、「青木さんがあなたのことを、すごーくホメてたよ」と他人を介して伝わるほうが、インパクトが強いのです。

Aさんの先のセリフには、この2つの技術が巧みに盛り込まれているのです。

「ステキですね」で終わらせず、その理由を述べているし、自分ではなく母親の意見として述べている。

かつ、母親が「こういう人をお嫁さんにもらいなさい」と言う状況があるとしたら、誠実なつき合いを経て親に紹介する場面です。妙齢の女性がある意味で夢見るシーンでしょう。

つまり、「あなたは重要な存在だ」「あなたは必要な存在だ」という強烈なメッセージをホメ言葉として発信しているのです。

こんなことを、会って間もない女性にさらりと言えてしまう。心にもないことでしょう、きっと。そして言いなれているのでしょう、きっと。だから、悪魔的だと思うのです。

その女子アナは、「そんなこと言われたの、初めてです!」と涙を流さんばかりに大感激していました。あぁ、やっぱり、悪魔的……。

セールスにも使える手法

Aさんのホメ言葉にはもうひとつ重要なポイントがありました。それは、「もし……だったら」+「メリット」の説得技法を使っている点です。

これはセールスの人がよく使う手法のひとつで、「もし貴社がこの機械を導入したら、来年度から3年間で1億円のコスト削減ができます」とか、「もしこのサービスを利用したら、来店者数は3割増加します」といった具合に使います。メリットが相手のニーズや課題をとらえていればいるほど、また実現する可能性が高ければ高いほど、相手に対する訴求力は膨れ上がります。このために営業パーソンはコストメリットの試算を行ったり、他社事例を使ったり、あの手この手を積み重ねるわけです。

次ページ性的欲求のツボをおす
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
怒涛の半導体&電池

ビッグデータとEVシフトで需要爆発の半導体と電池。今なお日本が強みを発揮できる分野だ。主要企業や市場シェアがわかる業界地図、市場拡大の波に乗る注目銘柄100を掲載。