楽天イーグルス「観客増で営業黒字化」の背景

ファンがまた来たいと思う仕掛けがある

ファンサービスを心掛け、自分のグッズの売れ行きを気に掛け、ヒーローインタビューでグッズの購入を呼びかけたりもする。球界には球団職員に尊大な態度を取り、ファンサービスには無関心な大物選手が少なくない。

立花 陽三(たちばな ようぞう)/楽天野球団(東北楽天ゴールデンイーグルス)代表取締役社長。1971年東京都生まれ。外資系証券会社を経て2012年8月から現職。2017年10月からはヴィッセル神戸の代表取締役社長も兼務(編集部撮影)

その中で、イーグルスでは意識改革に成功しているのは、「ファンを大事にしない、球団職員に尊大な態度をとる選手はその選手評価にも反映する、という姿勢をはっきり示しているから」(立花球団社長)だそうだ。

ハード面の投資が一段落した今シーズン、目玉は私設応援団との連携だ。応援を更に盛り上げ、そしてチームを勝利に導くため、球団職員と私設応援団員で応援プロデュースチームを発足させた。

球団職員のうちの一人は、2015年シーズンまで千葉ロッテマリーンズの応援団長を務め、数々の応援歌の作曲を手掛けてきた伝説の応援団長・神俊雄氏である。

今シーズンは180万人の動員を目指す

今シーズンは開幕から4ヶ月間首位を走った昨シーズンをさらに上回る、年間180万人の動員を目指す。

4月3日の東北開幕戦のチケットは即日で完売した。動員目標が達成されるということは、チケットを買えないファンを生むことと表裏一体だ。

次なる課題はチケットが買えない不満をどう昇華させるか。イーグルスの知恵が試されるのはこれからだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。