松屋「牛めし」、4年ぶりに値上げをする理由

「牛めし(並盛)」は290円から320円に

セルフサービス式に改装した本郷三丁目店の外観(写真:東洋経済)

[東京 20日 ロイター] - 松屋フーズ <9887.T>は20日、原材料費や人件費の上昇に対応し、4月3日午後2時から一部商品の値上げを行うと発表した。値上げは、2014年の消費増税時以来4年ぶり。牛めし(並盛)は290円から320円に引き上げる。

同社によると、政府によるセーフガード(緊急輸入制限)の影響も含め牛肉は前年同時期に比べて38%、米も同8%高くなっている。また、アルバイトの時給も上昇傾向が続いている。

「プレミアム牛めし」は、並盛380円で据え置き

「松屋」の約4割の店舗で販売している「牛めし(並盛)」は320円(現行290円)になるほか、約6割で販売している「プレミアム牛めし」については、並盛を380円で据え置き、大盛を520円から530円へ値上げする。

かつて価格競争を繰り広げた牛丼各社は、牛肉や米の価格上昇に苦しんでいる。ゼンショーホールディングス <7550.T>が展開する「すき家」は、昨年11月から牛丼大盛を470円から480円に引き上げている。

(清水律子)

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。