「仕事を任せる上司」が部下の不評を買う理由

権限委譲にもバランス感覚が必要だ

適切な「権限委譲」とは?(写真:kikuo / PIXTA)
IT業界出身の人事コンサルタントである小笠原隆夫氏による連載「リーダーは空気をつくれ!」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

「適切な権限委譲」を実践するのは難しい

今回は、リーダーの最終責任のもと、チーム配下のメンバーに自身の権限を譲る「権限委譲」がテーマです。チーム運営において「権限委譲」が大事なことは、多くのリーダーが理解するところです。しかし、これを効果的に実践するのは意外に難しいことです。私が現場を見ていて感じるのは、「権限委譲」がバランスを欠いており、適切に行なわれていないことの多さです。

優れたリーダーは、この“適切な”権限委譲ができる人たちばかりです。2つの事例を通じて、適切な「権限移譲」について考えてみます。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

あるチームリーダーSさんは、特にメンバー育成への意識が高く、「何事も経験しないと身につかない」「任せることが大事」と考えて、メンバーにできるだけ権限委譲するように努めています。ゴールは示しますが、具体的な仕事の進め方についてはあまり口出しをせず、メンバーに判断させるようにしています。それは「自分で考えること」ができなければ、仕事は身につかないと考えているからです。

そんな中であるメンバーから、Sさんにこんな話が伝えられてきました。「きちんとした指導が受けられないから、このままではレベルアップできない」といい、それを理由に退職意思までほのめかしてきたのです。

あらためてよく話を聞くと、やり方がわからなくて質問したいことや、判断に迷って相談したいことがあっても、リーダーには直接は聞きにくく、他のメンバーも忙しそうにしていて相談できる雰囲気ではない。そのため、仕事に行き詰まりを感じることが多いというのです。「自分で考えろ」と言われても今の自分の力では難しく、スキルアップの実感や自信が持てないのだと言います。

そこでSさんは、このメンバーに別のメンバーを指導役に付け、細かな仕事のやり方など、個別にいつでも相談できる体制を作りました。Sさん自身は他のメンバーを含めて声掛けの回数を増やし、話し合いやすい雰囲気作りを心掛けました。その後は指導役の尽力もあり、このメンバーからの退職意思は撤回され、今は仕事を順調にこなしています。

次ページ逆に、細かく指導した場合どうなるか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT