「仕事を任せる上司」が部下の不評を買う理由

権限委譲にもバランス感覚が必要だ

適切な「権限委譲」とは?(写真:kikuo / PIXTA)
IT業界出身の人事コンサルタントである小笠原隆夫氏による連載「リーダーは空気をつくれ!」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

「適切な権限委譲」を実践するのは難しい

今回は、リーダーの最終責任のもと、チーム配下のメンバーに自身の権限を譲る「権限委譲」がテーマです。チーム運営において「権限委譲」が大事なことは、多くのリーダーが理解するところです。しかし、これを効果的に実践するのは意外に難しいことです。私が現場を見ていて感じるのは、「権限委譲」がバランスを欠いており、適切に行なわれていないことの多さです。

優れたリーダーは、この“適切な”権限委譲ができる人たちばかりです。2つの事例を通じて、適切な「権限移譲」について考えてみます。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

あるチームリーダーSさんは、特にメンバー育成への意識が高く、「何事も経験しないと身につかない」「任せることが大事」と考えて、メンバーにできるだけ権限委譲するように努めています。ゴールは示しますが、具体的な仕事の進め方についてはあまり口出しをせず、メンバーに判断させるようにしています。それは「自分で考えること」ができなければ、仕事は身につかないと考えているからです。

そんな中であるメンバーから、Sさんにこんな話が伝えられてきました。「きちんとした指導が受けられないから、このままではレベルアップできない」といい、それを理由に退職意思までほのめかしてきたのです。

あらためてよく話を聞くと、やり方がわからなくて質問したいことや、判断に迷って相談したいことがあっても、リーダーには直接は聞きにくく、他のメンバーも忙しそうにしていて相談できる雰囲気ではない。そのため、仕事に行き詰まりを感じることが多いというのです。「自分で考えろ」と言われても今の自分の力では難しく、スキルアップの実感や自信が持てないのだと言います。

そこでSさんは、このメンバーに別のメンバーを指導役に付け、細かな仕事のやり方など、個別にいつでも相談できる体制を作りました。Sさん自身は他のメンバーを含めて声掛けの回数を増やし、話し合いやすい雰囲気作りを心掛けました。その後は指導役の尽力もあり、このメンバーからの退職意思は撤回され、今は仕事を順調にこなしています。

次ページ逆に、細かく指導した場合どうなるか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?