串カツ田中「バイト0人」の新店に込めた真意

4月中旬に東京・日本橋で出す新店の正体とは

店舗網の拡大が続く居酒屋チェーン「串カツ田中」。2018年2月末の店舗数は177店だが、2018年11月末には国内221店体制を目指す(撮影:今井康一)

大阪名物・串カツを専門にした居酒屋チェーン「串カツ田中」。2018年2月末の店舗数は、直営・FC(フランチャイズ)を合わせて177店(前年同月末は140店)と成長を続ける同社が、4月中旬に東京・日本橋小伝馬町に”ユニークな店舗”を出店する。

店舗の外観や商品はほかの串カツ田中と大きく変わらない。注目すべきはその店で働く人だ。通常の直営店舗であれば社員2人とアルバイト10~20人程度で運営するが、小伝馬町の新店の従業員は全員が社員。アルバイトは1人も置かない。実はこの店舗、串カツ田中の新入社員を対象とした“研修センター”として出店するのだ。

中途社員のアウェー感をなくす

「ミスマッチを減らしたい」――。串カツ田中の貫啓二社長は研修センター店をオープンする狙いについて率直に語る。

中途入社の社員でも働きやすい環境を作るのが、研修センターの店舗を設置する狙いの1つだ(撮影:今井康一、写真の店舗は五反田店)

厚生労働省の「平成28年雇用動向調査」によれば飲食サービス業の2016年の離職率は30%と、他産業と比較して最も高い。串カツ田中でも入社後1年以内の離職率は30%程度と、その改善は大きな課題になっている。

「新入社員は仲間もできやすいが、中途で入る社員はアウェー感があり仲間もできにくい。いきなり店舗に配属されて、現場と折合わなくなる。結果的に自分が入った会社がいい会社か悪い会社か判断する前に辞めてしまうケースがあった」(貫社長)

こうした問題を解決しようと思いついたのが今回の研修センター店の立ち上げだ。新人教育を専門にする社員を配置して、新入社員の指導に従事させる。「中途採用で入っても仲間ができる。接客や調理のスキルを学んだうえで店舗に配属されるので、アルバイトになめられることもない」(貫社長)。

詳細は決まっていないが、今回の小伝馬町の店舗では一部の商品を割安で提供することも検討しているという。店舗として客数増に向けた独自施策を講じて、研修機会の充実につなげる構えだ。

次ページ「外食業界の常識を壊す」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT