説明覆したみずほ銀行、ずさんな対応を露呈

暴力団への融資を元頭取も知っていた!

みずほ銀行は、今回の事件の事実確認、原因究明など目的とした第三者委員会である「提携ローン業務適正化に関する特別調査委員会」(委員長・中込秀樹弁護)を8日に設置した。同委員会による事実の解明を通じて、関与した経営陣などの責任が明確化されることになる。

問われる今後の対応

今回の不祥事を理由に、みずほ銀行は顧客企業から取引見直しなどを通告されるケースが出ている。今後、銀行に逸失利益が生じかねず、場合によっては、株主代表訴訟を提起される可能性もある。また銀行が、関与した経営陣に対して社内処罰のみならず、法的責任を問わざるを得なくなることすら想定される。

みずほ銀行は、過去2度にわたってシステムトラブルを発生させた際、経営陣の不手際が批判された。今回も一般行員たちの努力を踏みにじるような経営陣の失態がみずほ銀行を苦境に陥れようとしている。経営陣は、一般行員たちに今回の不始末をどう釈明するのか。

「10月4日に開かれた今年度下期の支店長会議で、佐藤頭取は『自分は無関係』と強調していたのに‥」。ある支店長は、取引先や部下への説明に頭を抱えている。みずほ経営陣に巣食った病は重い。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。