中国との結びつき強めるミャンマーの実相

押し寄せる観光の波、豊富な資源も持つ

イギリス植民地時代に建てられた、ヤンゴン最大の市場「ボーヂョー・アウンサウン・マーケット」を訪れると、観光客の歓声に交じって、幾重にも可愛らしい声が重なる不思議な音色が聞こえてくる。独特のリズムを刻みながら近付いてくるその方向に目をやると、薄いピンク色の袈裟に身を包んだ小さな子どもの僧侶たちが列をなして托鉢をしている。

さっきまで、観光客の値切り交渉に頑として応じていなかった雑貨店の不機嫌そうな店主も、急に柔らかな表情になり子どもたちが持つ小さな鉢にお布施をしたりしている。

そこへ突如、静寂さをかき消すかのように聞こえてきたド派手な太鼓の音は、春節を祝う獅子舞踊りの集団だ。地元の人は大して気にとめる風もなく、首からカメラをぶら下げた観光客たちだけが懸命にその周囲に群がって写真撮影をしていた。

増え続ける観光客、そして、彼らを迎え入れるためのホテルの建設ラッシュや古くからの施設の立て直しなどで町の景色も刻々と変化している。そんななか、そっと耳を済ませば、日々の営みだけは変えずに淡々とそこに暮らし続けるミャンマー人たちの息遣いも聞こえてくる。

ヤンゴン最大の市場「ボーヂョー・アウンサウン・マーケット」で托鉢をする小さな僧侶たち春節を祝う派手な獅子舞踊りには大勢の観光客が群がり写真撮影をしていた(筆者撮影)

“パウッポー”の関係を維持してきた両国

民政化移行後、積極的に観光客の誘致を進めているミャンマー政府は、2020年までに世界中から訪れる観光客の数を年750万人と、軍政が終わった年の10倍近くに増やすことを目標としている。特に、国境を接する中国からの観光客は大事な上客だ。

ヤンゴン国際空港を運営するヤンゴン・エアロドロームは、春節の時期を前に増える中国人観光客を受け入れるにあたって、ミャンマーの文化やしきたりなどを掲載したブックレットを配布すると発表した。

また、アモイからの春節特別チャーター便を用意するなどして歓迎体制を整えた。ちなみに、価格が高騰する春節時期よりも、あえて安くなる春節後を狙って訪れる中国人観光客も多いらしく、彼らを迎え入れる体制は春節シーズンだけには留まらないようだ。ここへきて、中国などアジアからの富裕層を念頭に、カジノ合法化への動きも報じられている。

現地紙の報道によると、中国の大使公邸で開かれた春節を祝うレセプションにはミャンマー政府関係者や軍関係者など700人ものゲストが参加し、歌や踊りなどのパフォーマンスを楽しみ、中国とミャンマー双方の料理を堪能したそうだ。

次ページ友情がさらに高まっていると評価
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。