ミス・トランスジェンダー、優勝したのは?

タイで世界大会、ベトナムの参加者が優勝

 3月9日、タイのパタヤで、世界最大のトランスジェンダーの美人コンテストとされる恒例の「ミス・インターナショナル・クイーン」大会が開催され、ベトナムから参加したNguyen Houng Giangさんが栄冠に輝いた(2018年 ロイター/Soe Zeya Tun )

[パタヤ 9日 ロイター] - タイのパタヤで、世界最大のトランスジェンダーの美人コンテストとされる恒例の「ミス・インターナショナル・クイーン」大会が開催され、ベトナムから参加したNguyen Houng Giangさんが栄冠に輝いた。

27歳のGiangさんは、他の27人の参加者を抑え優勝した。2位にはオーストラリア、3位にはタイからの参加者が選ばれた。

参加者らは、開催された「ティファニー」劇場のステージ上で栄冠を目指して戦いを繰り広げる一方、団結してLGBTらが平等な権利を獲得できるよう声を上げた。

今年で13回目となる同大会は、トランスジェンダーの女性が自らを表現し、才能をアピールする機会として始められた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?