ミス・トランスジェンダー、優勝したのは?

タイで世界大会、ベトナムの参加者が優勝

 3月9日、タイのパタヤで、世界最大のトランスジェンダーの美人コンテストとされる恒例の「ミス・インターナショナル・クイーン」大会が開催され、ベトナムから参加したNguyen Houng Giangさんが栄冠に輝いた(2018年 ロイター/Soe Zeya Tun )

[パタヤ 9日 ロイター] - タイのパタヤで、世界最大のトランスジェンダーの美人コンテストとされる恒例の「ミス・インターナショナル・クイーン」大会が開催され、ベトナムから参加したNguyen Houng Giangさんが栄冠に輝いた。

27歳のGiangさんは、他の27人の参加者を抑え優勝した。2位にはオーストラリア、3位にはタイからの参加者が選ばれた。

参加者らは、開催された「ティファニー」劇場のステージ上で栄冠を目指して戦いを繰り広げる一方、団結してLGBTらが平等な権利を獲得できるよう声を上げた。

今年で13回目となる同大会は、トランスジェンダーの女性が自らを表現し、才能をアピールする機会として始められた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。