嫉妬に狂った彼氏を最後に刺した彼女の弁解

互いの未熟さから修復不可能な関係に陥った

すれ違いはなぜ起こってしまったのでしょうか(写真:skynesher/iStock)
法廷というのは、舞台のようなところ。日々裁判傍聴をしていると、そんな言葉が浮かびます。「凶悪な罪」を裁く場所と思われる法廷ですが、実際行われる裁判の多くは、意外にも簡素で形式的。本連載ではそんな裁判の傍聴から見えた、男女関係のリアルを描きます。

付き合って3カ月で増え始めるケンカ

先日見た男女のもつれから起きた事件も、よくある価値観の違いによるケンカが原因でした。でも最後は女が男を刺し、結果として重症を負わせるという修羅場に発展。好きあっていたはずの男と女が、なぜ傷つけあうほどの気持ちに変化したのか。愛と憎しみの境界線を考えてみます。

【事件概要】
罪状殺人未遂
被告人:40代女性・知子さん(仮名)
被害者:20代男性・純一さん(仮名)
おおしまりえさんによる新連載です。この連載の一覧はこちら

概要:知り合ってから3カ月で交際に発展した2人。交際3カ月が過ぎたあたりから、お互い束縛や過去の恋愛経験がもとでケンカが絶えなくなる。事件当日も知子さんの元交際相手との関係に不満を持った純一さんが、怒りから知子さん宅に乗り込み口論となる。

どうしたら解決するのか。混乱した知子さんは刃物で純一さんを威嚇し、事態の沈静化を図る。しかしその行動に純一さんは激高。結果として知子さんは純一さんを勢いあまって刺してしまう。

次ページ浮気が不安な女と自分以外を見る女が許せない男
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT