嫉妬に狂った彼氏を最後に刺した彼女の弁解

互いの未熟さから修復不可能な関係に陥った

「よく覚えてないんです」

公判中、その言葉を何度も耳にしました。大好きだったはずの男を刺したときのことを問われ、被告人の知子さんは小声でそう返答したのです。

「カッとなってやった」とはよく言うフレーズですが、怒りを抱くとき、ある人は自己処理し、ある人は言葉として出すことで解消させます。最悪なのが、行動で表現してしまうことです。

彼女が男を刺すにいたるには、それ相応のすれ違いと、いら立ちが溜まっていました。付き合い当初、2人は年齢差こそあるものの、ごく一般的な交際関係にあったようですが、知子さんの元交際相手というA氏の存在が明らかになってから、関係はこじれ始めます。

「毎日私の知らないあなたがいて、今日は家にいるかなとか、考えるとすごく不安なの」

「ちゃんと私と会わないときは家にいてよ。友達と遊ぶときは、ちゃんと説明してね」

これは交際の初期に知子さんが純一さんに送ったメールの内容です。知子さんは年齢差からくる生活の違いや気持ちの温度差に不安を強めていたようです。

文面だけを見ると、よくある束縛であり、ありきたりな女心なのですが、彼女は彼に振り向いてほしかったのか、このときA氏という元不倫相手が過去にいたことを告白。A氏とは今は肉体関係がないものの、人生相談の相手としてたまに連絡を取り合うという事実に、若く恋愛経験の少ない純一さんは困惑します。

元彼との関係を続けることは恋愛に誠実ではないのか

「恋人と別れたら友人関係を続けるか」という問いには賛否あるものですが、許すかどうかの価値観は根深いので、主張の違いを話し合ったところで、多くは円満に納得し合うのは難しいものです。

このカップルも例にもれず、純一さんは彼女の告白を受け入れることができず、以降2人のケンカは増えていきます。

純一さんはケンカの際「A氏と縁を切れ」や、「もっとカネのある奴のところへ行けばいいだろう!」と、暗にA氏を引き合いに出すような発言をしており、彼女の「私のことをちゃんと見てほしい」という当初の目的は、果たされないどころか、より悪化する材料になってしまったことになります。

次ページ元彼は元彼と割り切れない彼氏
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT