中国の春節に沸くシンガポールの最新事情

スマート国家ならではの新たな風景が広がる

シンガポールのチャイナタウンは、春節の訪れとともに真っ赤に彩られる(筆者撮影)
世界の春節を4回の短期連載で巡るシリーズ。注目するのは、中国人観光客の人気エリアトップを誇る東南アジアだ。
日本よりも中国人旅行者が集うタイの魅力」(3月6日配信)、「マレーシアが中国人旅行客を大歓迎する事情」(3月9日配信)に続く第3回は、世界中から投資家や起業家が集結し、スマート国家を掲げるシンガポールの春節をリポートする。

クリスマスにかき消される西暦の正月

シンガポールの春節を語る前に、まずはさかのぼることクリスマスシーズンから話を始めたい。シンガポールでは、常夏の国であるにもかかわらず、11月に入ると早々に街中がクリスマスムードに染まり始める。東南アジア最大級とも言われるオーチャードロードのイルミネーションでは、2キロメートル以上の区間にわたって高級ブティックや外資系ハイエンドホテルにまばゆいばかりの装飾が施され、まるで夢の国にいるかのような幻想的な空間が、大勢の観光客を引きつける。

日本と大きく違うのは、クリスマスの25日が過ぎても、そのイルミネーションは一向に撤去される気配がないことだ。

1月2日に訪れた、シンガポール随一の高級ブティック街・オーチャードロード。正月の雰囲気はどこへやら、クリスマスツリーやイルミネーションが撤去されることなく華やかに輝いていた (筆者撮影)

大みそか。そのシンボリックな姿で有名なマリーナベイ・サンズを見渡す会場で、カウントダウンのイベントは行われる。新年が明けた瞬間は花火も打ち上がり、相応に盛り上がりを見せた。しかし、翌日。“元旦”のオーチャードロードを訪れると、そこはいまだにクリスマスムード全開のまま。いわゆる、新年を迎えた、いそいそとした空気感はほぼ皆無だ。

次ページ日本人としては混乱してしまう
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • コロナショック、企業の針路
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT