マレーシアが中国人旅行客を大歓迎する事情

最大の貿易相手国、春節時期はお祭りムード

絢爛豪華な春節の飾りが施された大型ショッピングセンターには、大勢のイスラム教徒たちが写真撮影を楽しんでいた(筆者撮影)

世界の春節を4回の短期連載で巡るシリーズ。注目するのは、中国人観光客の人気エリアトップを誇る東南アジアだ。第1回の「日本よりも中国人旅行者が集うタイの魅力」(3月6日配信) では、昨年に続き中国人旅行者数でトップをキープするタイで大いに盛り上がる春節を報じたが、その裏には仏教国タイで同化し、揺るぎない地盤を築いてきた華人の存在も見え隠れした。

第2回は、打って変わってイスラム教徒が国民の約6割を占めるマレーシアをリポートする。

中国人観光客の海外渡航先ランキングでは、7位のマレーシア。タイやシンガポール、ベトナムなどに比べて、春節の渡航先としては東南アジアにおいて突出した人気というわけではない。国民の9割以上を仏教徒が占めるタイに比べても、イスラム教が国教であることもあり、中国の文化がなじみにくく春節も比較的地味なのでは、と思いつつ空港に降り立つと、そこには大いに期待を裏切る光景が広がっていた。

イスラム教徒6割の国が赤一色に染まる

タイをもはや超えるのではないか、と思えるほど盛大に赤と金色にデコレートされた街並み。車で道路を走れば、至る所に巨大な電光掲示板が掲げられ、「Happy Chinese New Year」と目がチカチカとするほど真っ赤な画面を目にする。

中心地にほど近いホテルに向かうと、正面玄関には幸福を呼ぶと言われている立派な金柑の木が2本お出迎え。日本でいう門松のようなものだが、少し違うのは木の枝に「紅包(ホンパオ)」と呼ばれる赤いお年玉袋が下げられているところだろう。中に入ると、中国風の音楽と共に巨大な獅子舞の頭やいくつもの提灯が飾られ、おみくじとして楽しめるフォーチュンクッキーも大きなカゴに入って振る舞われる。

(左)道路の至る所に春節を祝う巨大な電光掲示板を見掛ける。(右)ホテルも軒並み春節仕様に。フロントにはおみくじ代わりのフォーチュンクッキー(筆者撮影)
次ページ獅子舞のパフォーマンス
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。