身長100cmで「2児の母」となった女性の人生観

早稲田大学で学び、2度の留学にも挑んだ

夏子さんが初めて婦人科の検診に行ったのは20代半ば。夫と付き合い始めてしばらくしたころだ。

だが、冷たいひと言で門前払いされてしまったという。

「あなたは診察台に乗れませんよね」

次々と断られたが、あきらめなかった。

「同じ障害の友人に紹介された先生に診てもらったら、あなたの子宮は普通の女性と同じ6センチ以上あるから、妊娠の可能性はあるわよと。身体はこんなにちっちゃいのにねぇ。妊娠を続けるのが苦しくなったら、出せばいい。できるところまでやってみましょうと言ってもらえて、あ、そっかと」

障害の遺伝を覚悟して2児を出産

28歳で結婚してすぐ会社員の夫の転勤で香川県に転居した。香川大学大学院で特別支援教育を専攻。同じ骨形成不全症の20代の女性たちにインタビューして論文を書き、修士号を取得した。

論文を執筆中に待望の妊娠がわかった。

だが、骨形成不全症は遺伝する。子どもが同じ障害を持つ可能性は2分の1──

夏子さんは心臓や肺も小さいため、母体が耐えられず、未熟児で生まれるリスクもある。

「何か問題があるだろう」

そう覚悟して妊娠・出産に臨んだが、医師も拍子抜けするほど順調だった。

2013年に香川県で長男を出産後、転勤で神奈川県に。翌年、長女を出産した。

理解ある医師に出会い、31歳で長男を妊娠。さまざまなリスクがあったが、35週で無事に帝王切開で出産(写真:週刊女性PRIME)

2回とも35週で帝王切開により出産。体重はともに2100グラムで、少し小さいが元気な赤ちゃんだった。

「夫も私も遺伝すると思っていました。特に2人目の性別が女だとわかった瞬間、“絶対に遺伝するわー”と。今まで遺伝していない女の子は見たことないから」

次ページそれなりに育てていけばいい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。