貧乏でも裕福でもお金に振り回されるワケ

「お金を欲しがる7つの理由」を心に刻もう

お金の存在がストレスになっていませんか?(写真:Topicimages / PIXTA)
100万部突破のベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』著者の本田健氏が、大人のための知的好奇心マガジン『ACT4(アクト・フォー)』に寄稿している連載企画から、その内容を一部抜粋、加筆してお届けします。


「もっと、お金があったらいいのに」

そう思っている人は多いはず。でも、収入が増えても、すぐに無くなってしまうことがあります。お金を稼ぐ時も、使うときもストレスを感じるといったことは、誰もが経験しているのではないでしょうか。

また、お金持ちになったら幸せになれるかというと、必ずしもそうではありません。お金がないのも大変ですが、お金がありすぎても苦しくなることがあります。

お金と上手につきあえない2つの理由

一体、なぜそうなってしまうのでしょうか。理由は2つあります。

ひとつには、お金と上手につきあうのが、現代ではとても難しいからです。お金を得る際には、一生懸命に知恵をしぼったり、汗をかいたりして、大変な努力が必要です。けれども、使うときには、知性も努力も必要ありません。また、収入が増えるたびに購入する物やサービスのグレードも上がっていくことが多いので、みんなお金に困ってしまっています。

人がお金と上手につきあえないもう一つの理由は、私たちが「お金が人の感情を動かすこと」をよく理解していないからです。お金をもらうとき、払うとき、無意識のうちに感情が動きます。お金に関して不安を感じたり、イライラを感じたりしているわけです。それは、どれだけ稼いでいるか、資産を持っているかに関係ありません。お金に対して様々なことを感じますが、「足りなくなったら困る」、「どうして、もっと入ってこないのだろう」といった感情的なストレスは、離婚の原因になるぐらい影響力があります。

次ページ「お金が存在する意味」を答えられますか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。