富士重、進化した”ぶつからない車”の実力 夢の「自動運転」への第一歩

印刷
A
A

たとえば、レクサス(トヨタ)やキャデラック(ゼネラルモータース)には、赤外線で夜間に対応したり、後退時にも自動ブレーキが作動したりと、機能が充実している。その分、オプション価格は60万~80万円と高い。

一方、ダイハツ工業が10月3日に発表した軽自動車の新型「タント」には時速20キロまで、9月に発売されたホンダの「フィット」には時速30キロまでの走行中に作動する自動ブレーキシステムが搭載されている。オプション価格はいずれも10万円を切る。

消費者にとって、安全技術は燃費とともに重要なポイントだ。独自の技術による付加価値戦略で成長してきた富士重。次世代アイサイトをひっさげ、さらに飛躍できるか。

(写真:今井康一)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT