富士重、進化した”ぶつからない車”の実力

夢の「自動運転」への第一歩

搭載されたカメラで人や車を認識する

車の衝突事故を減らすべく、国内外の自動車メーカーが「ぶつからない」技術の開発をこぞって進めている。その先駆けである富士重工業の安全運転支援システム「アイサイト」の新型モデルがお披露目された。

2014年に国内で発売する新ブランドの小型車から搭載し、ほかの車種にも順次展開する。

アイサイトはルームミラーの脇に取り付けた2台の小型カメラが「目」となり、前方の車や歩行者などを認識。衝突するおそれがある場合には自動でブレーキがかかる仕組みだ。富士重は08年に実用化し、主力車種の「レガシィ」や「インプレッサ」にオプションで搭載できるようにしている。

時速50キロでも自動ブレーキ

現行の「アイサイト(Ver2)」では、自動ブレーキで止まれる速度は時速30キロメートル。これを新型モデルでは市街地で一般的な制限速度である50キロまで高めた。カメラの性能が上がり、現行モデルより視野角と視認距離が40%向上した。加えて、画像のカラー化により先行車のブレーキランプや赤信号なども識別できるようになった。

次ページ価格はいくら?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。