富士重、進化した”ぶつからない車”の実力

夢の「自動運転」への第一歩

搭載されたカメラで人や車を認識する

車の衝突事故を減らすべく、国内外の自動車メーカーが「ぶつからない」技術の開発をこぞって進めている。その先駆けである富士重工業の安全運転支援システム「アイサイト」の新型モデルがお披露目された。

2014年に国内で発売する新ブランドの小型車から搭載し、ほかの車種にも順次展開する。

アイサイトはルームミラーの脇に取り付けた2台の小型カメラが「目」となり、前方の車や歩行者などを認識。衝突するおそれがある場合には自動でブレーキがかかる仕組みだ。富士重は08年に実用化し、主力車種の「レガシィ」や「インプレッサ」にオプションで搭載できるようにしている。

時速50キロでも自動ブレーキ

現行の「アイサイト(Ver2)」では、自動ブレーキで止まれる速度は時速30キロメートル。これを新型モデルでは市街地で一般的な制限速度である50キロまで高めた。カメラの性能が上がり、現行モデルより視野角と視認距離が40%向上した。加えて、画像のカラー化により先行車のブレーキランプや赤信号なども識別できるようになった。

次ページ価格はいくら?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。