「生きた教科書」1999年甲子園優勝投手の「今」

「目標は自分を超えること」正田樹投手が語る

「僕のプロ野球選手としての目標は昔から変わりません。野球は本当に楽しいし、1年でも長く選手でいたい。毎年、シーズンが終わる頃にはいろいろ考えますけど、ずっとユニフォームを着ていたい、野球をしていたい。何かきっかけがあれば、まだ自分は変われるんじゃないかと思っています。2018年はマンダリンパイレーツの優勝を目指してやるだけ。

日本のプロ野球、独立リーグ、台湾、アメリカで野球をしてきましたが、野球というスポーツには変わらないすばらしさがあります。野球の魅力って、何でしょうか……試合で投げると楽しいし、勝つことには喜びがあります。試合に向けての準備、目標を立ててそこに向かっていく過程は特に面白いですね。目標に到達できた達成感はたまらないものがあります」

自分を超えることが一番の目標

今年で37歳になる正田は、まだまだ自分に期待している。だから、フレッシュな気持ちで新しいシーズンに臨むことができるのだ。

正田樹(しょうだ いつき)/1981年11月、群馬県生まれ。桐生一のエースとして、1999年夏の甲子園で全国優勝を果たした。1999年ドラフト1位で日本ハムファイターズ入団。2002年には新人王に輝いた。阪神タイガース、台湾プロ野球、新潟アルビレックス(独立リーグ)、東京ヤクルトスワローズでプレイしたのち、愛媛マンダリンパイレーツへ(撮影:松本隆志)

「キャッチボールの大切さをはじめ、昔なら気づかなかったことがわかるようになりました。若い時のようにいつも全力で投げていたらケガもします。

ピッチングのコツをつかめば、体に負担をかけることなく、長く投げられるんじゃないかなと思っています。もう少しピッチングのバリエーションを増やしたい。頭をさらに鍛えれば、ピッチャーとしてもっと成長できるんじゃないかな」

正田はさらに高いところを目指している。

「カッコよくバッターを打ち取りたいと気持ちは今でもあります。ユニフォームを着ている以上、いつまでもそれは持っていたい。

2018年の役割がどうなるかわからないので数字的な目標は立てにくいのですが、これまでで一番いい成績を、自分にとってのキャリアハイを目指します。過去の成績を上回れるように。自分を超えることが一番の目標です」

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。