「生きた教科書」1999年甲子園優勝投手の「今」

「目標は自分を超えること」正田樹投手が語る

今シーズンに向けた思いを語る愛媛マンダリンパイレーツの正田樹投手(撮影:松本隆志)
「松坂世代」が日本中を沸かせた翌年、1999年の甲子園優勝投手、プロ野球で通算25勝を挙げた2002年の新人王は今も現役のプロ野球選手としてマウンドに上がっている。
2014年から愛媛マンダリンパイレーツに所属する正田樹――独立リーグの若い投手陣を支えるサウスポーは過去4年間で3度も最優秀防御率のタイトルを手にしている。
19年目のシーズンに臨むベテランが目指すものは何か? マンダリンパイレーツの地元・愛媛で創刊したスポーツマガジン『E-dge』で今シーズンにかける思いを語った。

タイトルを3度獲ったベテラン

1999年夏の甲子園で桐生一(群馬)を日本一に導いたサウスポーは36歳になった今も、現役を続けている。

1999年のドラフト会議で1位指名を受けて日本ハムファイターズに入団(当時)。2002年には9勝を挙げ新人王に輝いた、その後、阪神タイガース、台湾プロ野球、独立リーグ(新潟アルビレックス)に所属したのち、東京ヤクルトスワローズで2年間プレイした。NPBでの通算成績は25勝38敗4ホールド、防御率4・70。

2014年からはマンダリンパイレーツのユニフォームを着て、先発投手として、チームを支えてきた。2014年には最優秀防御率のタイトルとリーグの後期MVPを獲得。翌年も最優秀防御率を取り、リーグ年間MVPも手にした。中継ぎに回った2017年は、防御率1・38で3度目の最優秀防御率のタイトルを得た。

プロ19年目のシーズンに臨む正田はチームの中心選手であり、若い投手陣の精神的な支えでもある。

「昨年はチームとしてリーグ3連覇を目指したのですが、それができず、悔しいシーズンになりました。河原純一(元読売ジャイアンツ)監督の1年目で、育成重視という方針を掲げてスタートしましたが、学生だった選手たち、野球から一度離れていた人たちがプロとしてスタートするにあたって、技術も体力も、メンタルの部分もまだまだ十分ではなかったと思います。まず体力をしっかりつけようということで、投手陣はよく走りました」と正田は語る。

次ページ若手の「生きた教科書」になる正田
関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。