売れているビジネス・経済書200冊ランキング

2014年刊行の書籍が1位に躍進!

今週は、2014年刊行の『頭に来てもアホとは戦うな!』が1位を獲得した(画像:Kazpon / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、2月11日~17日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでは、『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』(田村耕太郎著、朝日新聞出版)が1位に輝いた。本書の刊行は2014年だが、2月11日放送の「林先生が驚く初耳学!」(MBS)で紹介され、注目が集まった。

前週881位から27位にランクアップしたのが、『JALの心づかい: グランドスタッフが実践する究極のサービス』(上阪徹著、河出書房新社)だ。プレジデントオンラインの記事で紹介され、一気に順位が上昇した。

次ページ以降、200位までのランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、ご自身の読書の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。