効率追求が「生産性」を落とす残念な3大理由

仕事は「長期と短期」2つのリターンがある

人間誰しも得意な仕事をすることで成果を出し、承認欲求(人から認められたい、自分は役に立っているという実感を持っていたいという欲求)を満たしたいものですが、それが強すぎると視野狭窄になります。多くの後進を育てるとともに、「他の人がやってもできるような仕組み」をしっかり作るということにこそ、より大きく価値を置くようにしたいものです。

「見えない味方」をいかにつくるか

仕事術の本の中には「依頼された仕事のなかでも、本当にやらなくてはならない仕事以外は丁重に断る」ということを提唱するものもあります。効率をあげるには無駄を減らすことが近道ですから、これはある意味理にかなっています。

何でもかんでも依頼を聞いていると、同時処理ができなくなり、仕事が「渋滞」を起こすことにもなりやすいですから、それを避けることにもつながります。ワークライフバランスを重視し、さっさと帰りたい人にとっても魅力的です。

しかし、つねにこのやり方がいいかというと、そんなことはありません。たしかに瞬間的には効率化が図れますが、いざ大きな仕事を任されたときに、過去に仕事を断った人たちからの協力を得にくくなり、長い目では生産性が下がってしまうからです。

人間には「返報性の原理」と呼ばれる心理が働きます。これは「何か借りがあったら、お返しをしないと気持ち悪い」という心理です。

常日頃から相手にちょっとしたことであっても何らかの形で協力しておけば、いざという時に返報性の原理が働き、協力を取り付けやすくなるのです。返報性の原理は、貸し借りの大きさが釣り合っている必要はなく、時にはちょっとした「貸し」があるだけでも大きなリターンとして返ってくることが知られています。

だからといってすべての仕事の依頼を受ければ、仕事の納期遅れや質の低下が生じ、かえってマイナスのイメージを与える可能性もあります。だから、仕事は無条件で引き受けず、選ぶことが必要です。

次ページ他者の実力や影響力を見きわめる目も磨いておきたい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT