またメキシコで強い地震、マグニチュード7.2

オアハカ州の南部で建物に軽い被害

[メキシコシティ (ロイター)]−マグニチュード7.2の地震が2月16日にメキシコを揺るがした。政府によると、長い揺れが、オアハカ州の南部で建物に軽い被害をもたらしたが、死者が出たとの速報はないと伝えている。

米国地質調査所 (USGS) によると、震源地は、オアハカ州南部の太平洋沿岸、サーファーでにぎわうリゾート地であるプエルト・エスコンディードから約90マイル (約145キロメートル) の地点。震源の深さは約15.3マイル (約24.6キロメートル)と推定される。

強い揺れによってパニックが蔓延

メキシコ南部と首都メキシコシティでは、9月に広範囲な被害をもたらした地震により、いまだ動揺が続いている。そのため16日の強くて持続的な揺れは、パニックを蔓延させた。

2月16日、メキシコシティは大きく揺れた(写真:REUTERS/Edgard Garrido)

66歳の英語教師、パトリシア・グティエレスさんは、11カ月の孫娘ジュリエットちゃんと昼寝をしていたところ、メキシコシティでの地震警報を聞いた。

「ジュリエットは警報音がわかりました。私が目を開けた時、彼女の目は怯えていて、大きく、まるでお皿のように開いていました。彼女は、何も喋りませんでした」とグティエレスさんは、孫娘の様子を語った。

グティエレスさんは、地震が始まる前にアパートの1階から離れた。「自分の靴と赤ちゃん以外は、電話も全て残してきました」と彼女は語った。

関係当局は、全国的に死亡者は報告されていないと伝えている。

アルフォンソ・ナバレテ内相は、オアハカ州で建物への表面的な被害があり、州知事は約10万人が停電を経験したと伝えている。

震源地近くの町、ピノテパ・ナシオナルで、オアハカの市民保護団体から得た写真によると、平屋の建物で、レンガの正面部分の一部が通りに崩壊している。

次ページ南方にあるグアテマラでも揺れを観測
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。