台湾東部のM6.4地震、少なくとも5人死亡

243人が負傷、行方不明者は約60人

 2月7日、米地質調査所(USGS)によると、台湾東岸の花蓮市付近で6日夜、マグニチュード(M)6.4の地震が発生した。写真は花蓮市で撮影(2018年 ロイター/Tyrone Siu)

[花蓮(台湾)/台北 7日 ロイター] - 米地質調査所(USGS)によると、台湾東岸の花蓮市付近で6日夜、マグニチュード(M)6.4の地震が発生した。現地当局によると、これまでに243人が負傷、少なくとも5人が死亡した。市長によると行方不明者は約60人。当初は150人程度とみられていた。

複数の建物が損壊し、建物内に閉じ込められた人もいた。負傷者には本土の中国人、チェコ人、日本人、シンガポール人、韓国人が含まれている。

地震は現地時間7日午前零時(6日1600GMT、日本時間7日午前1時)前に発生した。津波警報は出ていない。

ファウンドリー(半導体受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW>の広報担当は7日、これまでのところ地震が操業に与える影響はないと述べた。北部の新竹にある同社本社や一部施設では、今回の地震の揺れは感じなかったという。

今後2週間はM5.0規模の余震が発生する可能性

政府によると、今後2週間は少なくともM5.0規模の余震が発生する可能性があるといい、住民はかすかな揺れにも不安を募らせている。

花蓮市の人口は約10万人で、4万世帯が断水、1900世帯が停電に見舞われた。正午(日本時間午後1時)ころに水道が5000世帯、電気が1700世帯で復旧した。

蔡英文総統は7日朝に現地を訪れ、救助活動を指揮した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。