スタバ、「オフィス向けコーヒー」参入の勝算

5年で国内500カ所にコーヒーマシーン設置へ

スターバックス コーヒー ジャパンが導入する自社開発のコーヒーマシーン。今後5年で500カ所への導入を目指す(記者撮影)

「ずっとやってきたカフェのビジネスを超えて、これまでとは違う市場に入っていく」。スターバックス コーヒー ジャパンの水口貴文最高経営責任者(CEO)は力を込めてこう語った。

同社は2月15日、スタバのコーヒーをオフィスやレジャー施設、ホテルなどで楽しめるサービスを本格展開していくことを発表した。自社開発のコーヒーマシーンをオフィスなどに置き、店舗と同品質の豆を使用したコーヒーを提供する。

小規模商圏に入っていく

オフィス向けコーヒーについてはUCC上島珈琲やネスレ日本が先行しているが、スタバとしては1つのコーヒーマシーンでドリップコーヒーやカフェラテ、カプチーノなど20種類以上のコーヒーを提供することを差別化要素とするほか、日本に上陸して20年余りで培ったブランド力を生かしていく構えだ。

1996年8月に誕生した日本1号店の「銀座松屋通り店」(撮影:風間仁一郎)

目下、日本国内におけるスタバの出店は順調に推移している。2017年9月期は108店を出店し、期末時点の店舗数は1304店。過去5年間で約300店舗増加している。にもかかわらず、あえてオフィスやレジャー施設向けなど”店舗外”でコーヒーを提供するのはなぜか。

水口CEOは「既存の(店舗展開による)成長のポテンシャルはまだまだある」と述べる一方で、「これまで店舗として出られなかった小規模商圏に入っていける」と強調する。

発表当日には、長野県の白馬八方尾根スキー場でスタバのコーヒーを提供するカフェがオープンした。スキー場からのスタバの出店要請はこれまでも数多く、今回の白馬についても2013年からオファーが来ていたという。

次ページ普及に向けた課題とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
空調機器で断トツ狙う<br>ダイキンの世界制覇戦略

空調世界トップのダイキン工業がインドで躍進。2010年に空調で世界一になり、業績も右肩上がり。日本の電機メーカーが海外で勝てなくなって久しい。なぜダイキンは勝てるのか?