女子スケート1500m、高木美帆が銀メダル

優勝したブストとは0秒20差

 2月12日、平昌冬季五輪スピードスケートの女子1500メートル、高木美帆が銀メダルを獲得した(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[江陵(韓国) 12日 ロイター] - 平昌冬季五輪は12日、スピードスケートの女子1500メートルを行い、高木美帆が銀メダルを獲得した。

高木は1分54秒55をマーク。優勝したイレイン・ブスト(オランダ)とは0秒20差だった。マリット・レーンストラ(オランダ)が3位だった。

ブストは銀メダルを獲得した10日の3000メートルに続き、今大会2個目のメダル。スピードスケートでは五輪最多10個目のメダルとなった。

小平奈緒は1分56秒11で6位。菊池彩花は1分58秒92で16位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT