トランプ氏長男の妻ら3人、病院に搬送

郵便物に正体不明の白い粉、危険性なし

 2月12日、トランプ米大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏(左)の妻、バネッサさん(中央)が、マンハッタンのアパートで正体不明の白い粉が入った郵便物を開封した後に気分が悪くなり、病院に搬送された。ワシントンで昨年1月撮影(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - トランプ米大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏の妻、バネッサさんが12日、マンハッタンのアパートで正体不明の白い粉が入った郵便物を開封した後に気分が悪くなり、病院に搬送された。

ニューヨーク市警察によると、白い粉が入っていた郵便物はジュニア氏宛だった。当局者はその後、白い粉には危険性はないと明らかにしている。

バネッサさんのほか、バネッサさんの母親を含む2人が病院に搬送された。地元メディアによると、事件があったのはバネッサさんの母親のアパートとみられている。

*写真を付け、カテゴリーを追加します。

関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。