「日本が韓国発展の重要な手本」は禁句だった

NBCが謝罪、発言したコメンテーターは降板

 2月12日、米NBCテレビは、平昌冬季五輪開会式の中継での発言で批判を浴びたジョシュア・クーパー・ラモ氏がコメンテーターから降板したと発表した。写真は、韓国の国旗と五輪旗。平昌で9日撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[平昌 12日 ロイター] - 米NBCテレビは12日、平昌冬季五輪開会式の中継での発言で批判を浴びたジョシュア・クーパー・ラモ氏がコメンテーターから降板したと発表した。

ラモ氏は開会式の中継で、日本が1910年から45年にかけて韓国を統治したことを受けて「韓国が発展していく上で日本が文化的、技術的、経済的に重要な手本となっているとすべての韓国民が言うだろう」とコメント。インターネット上で韓国の人々から批判が殺到し、NBCが謝罪する事態となっていた。

NBCはロイターの取材に対し、ラモ氏の平昌五輪での仕事はすべて終了しており、今後も出演の予定はないと返答している。

ラモ氏の代理人はこの件に関するコメント要請に応じていない。また、平昌大会組織委員会からのコメントも取れていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。