iPhoneユーザーは「HomePod」を買うべきか

試されるアップルのエコシステムの力

HomePodのSiriに話しかける方法は、前述のように「Hey Siri, play some music」と言えば、Apple Musicが自動的に自分の好みの音楽を選曲する“ステーション”の再生が始まる。あるいは「Hey Siri, play jazz」「Hey Siri, play Mozart」とジャンルやアーティスト名を指定してもいい。この方法は、iPhoneやiPad、Apple TV、MacのSiriと同じなので、普段からSiriに音楽再生を指示していた人は違和感なく、音楽を声だけで操ることができるだろう。

もう1つの方法は、iPhoneの「ミュージック」アプリなどで再生している音楽を、HomePodを出力先として指定する方法だ。ワイヤレス再生の仕組みをアップルは「AirPlay」と呼んでいる。iPhoneの画面で操作するため、聞きたい音楽をより素早く確実に選択できる。

AirPlayで再生する場合、iPhoneに着信があったり、ビデオ撮影のためにカメラを立ち上げたりすると、音楽再生がストップしてしまう(筆者撮影)

ただし、AirPlayを用いたHomePodでの再生には盲点がある。iPhoneを操作している際、マイクを利用するビデオ撮影などの操作をしようとしたり、ほかの音声が再生されるYouTubeなどのアプリを利用しようとすると、iPhoneのミュージックアプリの再生が止まるため、HomePodの音楽も止まってしまう。

同様にApple MusicをWi-Fi経由で直接再生できるスピーカー「SONOS」では、iPhoneから音楽を選択するが、ミュージックアプリを使わないため、iPhoneの操作に左右されず部屋の音楽を再生し続けてくれる。

部屋のBGMを快適に楽しむには、Siriから音楽再生する必要がある。そうでなければ、たびたび音楽が中断される不快さを味わうことになるだろう。

スマートスピーカーとしても優秀

HomePodには6つのマイクが内蔵されており、音楽を大きな音で再生していても、部屋の離れたところからの「Hey Siri」との呼びかけにきちんと反応してくれる。

これは、筆者の自宅に設置しているAmazon EchoやGoogle Homeよりも、きちんと声を拾ってくれる印象だ。人工知能アシスタントの競争で出遅れ感が目立つアップルのSiriだが、スマートスピーカーとしてHomePodを評価するなら、より機敏に声に反応してくれる点で、優秀と言える。

次ページ他社のスマートスピーカーと比べると課題は多い
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?