iPhoneユーザーは「HomePod」を買うべきか

試されるアップルのエコシステムの力

HomePodの価格は349ドル(約3万8000円)で、50ドル前後から手に入る競合スマートスピーカーと比較すると大幅に高い。しかも、iPhoneやiPad、Macからの利用に限られ、Apple Musicの契約も必須だ。

比較的多くの音楽ストリーミングサービスやアプリが利用できるアマゾンやグーグルのスマートスピーカー、あるいは前述のSONOSのようにAmazon Alexaをサポートしたうえで80以上の音楽サービスを利用できる製品との比較で、自由度、価格の面で不利な戦いを強いられることになる。

アップルのエコシステムの力が試される

アップルはiPhone専用のスマートウォッチ、Apple Watchを成功させており、アップルのエコシステムに閉じているからといって、それが敗因にはなりえないことを証明している。

また米国市場において、Apple Musicは音楽ストリーミング市場最大勢力であるSpotifyの加入者数を今夏までに追い越す見通しだ。HomePodの成否は、アップル製品を利用するユーザーが、より豊かな音楽体験を求めるかどうかにかかっている。

それでも、難しさは残る。若い人にとってはどこでも音楽が楽しめるワイヤレスオーディオのほうが大きな関心事となっており、オーディオにこだわる人はすでにSONOSを含め別のオーディオ機器を自宅にそろえているからだ。

たとえば筆者は1年半前に、書斎、ベッドルーム、そしてテレビ用にSONOSのスピーカーをそろえており、残念ながらHomePodを設置する余地が残されていないのだ。

アップルがHomePodの発売を12月から2月に延期した影響はほとんどない。その間に登場したいずれの各製品よりも、HomePodの音質は優れており、音声認識の精度も高く、HomePodの製品力が損なわれたとは考えにくいからだ。

一方で、Apple Music登場の2015年にこの製品を登場させていればよかったのに――と考えるのは筆者だけではないはずだ。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。