下流大学が日本を滅ぼす! ひよわな“お客様”世代の増殖  三浦展著

下流大学が日本を滅ぼす! ひよわな“お客様”世代の増殖  三浦展著

大学全入時代の学生たちの振る舞いにはあぜんとなる。ちょっとしかっただけで泣いたり学校に来なくなる。90分の授業に耐えられずに途中退室する。卒論は検索エンジン活用のコピペで参考文献はウィキペディア……。

ただ、著者はこうした状態は、彼らだけの問題ではなく大学側にも責任があると指摘する。少子化によって受験生が減った分、学力もなければ学ぶ素養もない人間を大量に入学させる。そうでなければ、大学経営が立ち行かなくなってしまうからだ。そんな彼らが就職しても、社会の役に立つどころか、末はニートかフリーターかと心配になる。この悪循環をどう断ち切るか。「下流」行きでなくまともな人間を生み出す処方を示す。

ベスト新書 740円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。