文章は接続詞で決まる 石黒圭著

印刷
A
A
文章は接続詞で決まる 石黒圭著

文章指南の書はあまたあるが、接続詞に特化した本はほとんどない。文章論の研究者で一橋大学准教授でもある著者によれば、接続詞は近代以降急速に整備が進み、文法的にはまだ位置づけがあいまいで、専門家の間ではあまり人気がないテーマらしい。

しかし一方でプロの書き手は文章を接続詞から考えるという。たとえば、だが、しかし、ところが、の本当の違いがわかれば使い方ひとつで文章の読みやすさ、わかりやすさが変わることを知っているからだ。

本書は接続詞とは何か、文章の中での役割から個々の接続詞の機能や実践的な使い方まで詳細に解説。文学作品に見られる印象的な接続詞の事例に文豪たちの妙手を味わいつつ表現効果を学べる。

光文社新書 798円

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT