文章は接続詞で決まる 石黒圭著

文章は接続詞で決まる 石黒圭著

文章指南の書はあまたあるが、接続詞に特化した本はほとんどない。文章論の研究者で一橋大学准教授でもある著者によれば、接続詞は近代以降急速に整備が進み、文法的にはまだ位置づけがあいまいで、専門家の間ではあまり人気がないテーマらしい。

しかし一方でプロの書き手は文章を接続詞から考えるという。たとえば、だが、しかし、ところが、の本当の違いがわかれば使い方ひとつで文章の読みやすさ、わかりやすさが変わることを知っているからだ。

本書は接続詞とは何か、文章の中での役割から個々の接続詞の機能や実践的な使い方まで詳細に解説。文学作品に見られる印象的な接続詞の事例に文豪たちの妙手を味わいつつ表現効果を学べる。

光文社新書 798円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。