冬でもいける!サラダチキンの温かい食べ方

意外と知らない、冬バージョンのアレンジ

「きのこならなんでも入れてOK。ただし、1種類ではなく数種類にすることで深みある味にしてください。プレーン味のサラダチキンでもいいですが、ハーブの香りがきのこのだしによく合うのでハーブ味をセレクト。厚揚げも入れることでボリュームをプラス。かなり食べ応えのあるホットサラダです」

旬の果物や野菜には栄養がたっぷり

チキンとみかんのおつまみサラダ
チキンとみかんのおつまみサラダ(写真:VoCE)

【材料】2人分
サラダチキン(燻製タイプ)……1袋
みかん……1個
小ねぎ……1本
カッテージチーズ……30g
オリーブオイル・黒こしょう……各適量

【作り方】
1 みかんは皮を取り半月切りにする。小ねぎは小口切りにする。
2 フライパンを熱し、サラダチキンの表面を素焼きしたあと、そぎ切りにする。
3 器に1と2を盛り付け、カッテージチーズを散らし、オリーブオイル、黒こしょうをかける。

「香りのいい燻製タイプを使用。その表面をさらに焼いてスモーク感をもっと出し、香ばしく仕上げています。そして『みかん!?』と思うかもしれませんが、柑橘類とチキンってすごく相性がいいんですね。せっかく今が旬のみかんですから、取り入れてみてください。旬の果物や野菜というのは栄養価が豊富ですから、美容にもいいんですよ。みかんがないときは、1年中取り扱いのあるオレンジやグレープフルーツにしても構いません」

料理研究家 尾田衣子さん
料理教室「アシェット ド キヌ」主宰。大学卒業後、一般企業に就職するも、料理好きが高じて、働きながらクッキングスクールに通う。その後、ル・コルドン・ブルー東京校、イタリア留学を経て、東京・西荻窪で料理教室を開く。柑橘料理・薬味マニアとしても知られ、著書に「薬味食堂」(朝日新聞出版)、「柑橘料理の本」(オーバーラップ)がある。塩レモンに続く、人気手作り万能調味料「みりんレモン」の発案者。

(編集・ライター:中田 ぷう)

VOCEの関連記事
【花粉症】のときって、ファンデーションどうする?【アレルギーさんの肌荒れ改善法も】
【高機能すぎるプチプラ】打倒デパコス!な話題のコスメをすべてお試し!
【シミ・シワ・くすみ】3大悩みを克服する美容液BEST5【VOCEセレクト】
 
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。