築地市場、約100年前もあった移転騒動の深層

日本橋、築地、豊洲…「東京の魚河岸」の変遷

築地といえばマグロの競り。この日も競りを見学しようとする多くの外国人観光客でにぎわっていた(記者撮影)

「昔はよく魚の値段で客とやり合ったもんだ。値段で折り合えずに客が帰ろうとすると、『わかったよ!これでどうだい!』ってそろばんの珠を1個ずらしてな・・・・・・」

若かりし頃の築地での思い出を語るのは、マグロ仲買人の野末誠さん(80)だ。築地市場に足を踏み入れて以来、かれこれ60年以上が経つ。その間に冷凍マグロが普及したり、カタカナ語が飛び交うようになったりと、時代に合わせて築地市場も目まぐるしく変化してきたという。

酸いも甘いも知り尽くした野末さんでも、今回ばかりは初めての体験だ。2018年10月11日、すったもんだの末、ようやく築地市場が豊洲に移転する。東京の胃袋を支える市場は、商店がひしめき合う平場から高層ビルへと変貌する。

移転問題は過去にもあった

野末さんの受け止め方は複雑だ。「生魚を食べる文化は築地が作ったのさ。築地の魚は生でも安心、っていう信頼があるからな。豊洲にはそれがない。移転を機に辞める仲買人も結構いるぞ」。

市場で働く人々の意見も一枚岩ではない。同じくマグロ仲買人の生田與克(よしかつ)さん(50)は「豊洲市場はコールドチェーン(生鮮食品をつねに低温に保つシステム)が徹底している」と新市場に期待を示す。築地か豊洲かの議論は尽きそうにない中、どこへ向かうのか。

この連載記事の一覧はこちらです

いつの時代も、卸売市場の移転はもめにもめた。東京での魚河岸発祥の地は日本橋だ。

1590年、関東に入封した徳川家康は、江戸市中に魚を売買する場所がなかったため、摂津国佃村(現大阪市)から漁師を呼び寄せた。彼らは近海で獲った魚を幕府に献上する傍ら、余った魚を日本橋の一角で販売するようになった。

江戸の発展に伴い、他地域の漁師もこぞって日本橋に進出。1615年には現在の奈良県から来た名主が日本橋小田原町に新たな魚市場を開設するなど、一帯に魚の問屋が立ち並ぶようになる。

1625年には静岡の漁師と魚を仕入れる契約を結ぶなど全国から魚が集まり、明治時代にあった1883年には年間の取扱高が230万円にも達した。ちなみに当時の大卒初任給は約10円である。

次ページ写真で見る、豊洲市場の今
人気記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。