先入観を裏切る「漢方ジュースバー」の仕掛け

漢方食材配合のドリンクをワンコインで提供

「ファーマシーズ 銀座」ではヘルシーなドリンクが飲める(筆者撮影)

東京・銀座の一隅に、不思議な空間がある。高速道路の橋梁と、地面の間に挟まれた小さな店で、目指して行っても見落としてしまいそうだ。それなのになぜか、道に迷った人が頻繁に中を覗き込むという。

その店の名は「ファーマシーズ 銀座」。野菜と漢方食材を素材としたヘルシーなドリンクを、1杯ワンコインから1000円以内の価格で提供している。

漢方のイメージにどう応えて、どう裏切るか

一般的に、漢方のイメージというと“苦い、まずい、高い”。本来は、体質が弱い人や、慢性的な不調を抱えている、という人にこそ合うはずだが、なじみがない人にとっては、漢方薬局は敷居が高いものだ。そんな漢方に対するハードルを下げて、気軽に飲めるように工夫されている。

また漢方だけでなく、高付加価値の野菜や、西洋ハーブ・東洋ハーブ、薬用植物など、ジャンルにとらわれない原材料を用いていることも、健康や美容に関心を持つ消費者にとっては注目度が高い。

たとえば、「疲れを溜め込んでいるとき」には“リフレッシュ”というドリンクを勧められる。人参や、オレンジ、マンゴー、パイナップルといった抗酸化ビタミンが多いフルーツ、レモングラス、高麗人参を混ぜ合わせたもので、価格は600円だ。また、女性のためにはクコ、鶏血藤(けいけっとう)、サンザシといった、漢方の生薬を用いたその名も“ウーマン”(450円)と名付けられたドリンクがある。ほかにハーブティーや高麗人参のコーヒーなどもあり、商品は全部で16種類だ。

トマトやビーツ、サンザシが配合された「エナジー」500円(左)と、「ウーマン」450円(筆者撮影)

そのうちの「巡りをよくしたいとき」のための“エナジー”と、“ウーマン”を飲んでみた。確かに飲みやすく、おいしいとも言える。それでいて、「体に効きそう」と思わせるような、植物特有の青っぽさや苦みも残っている。

「飲みやすすぎると、今度はパンチがなくなってしまいます。お客様が抱いている漢方のイメージにどう応えて、どう裏切るかと。味わいのバランスにも気を遣うところです」(ファーマシーズプロジェクトリーダーの石郷岡有紀氏)

次ページリピーターも多い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。