ハーバード生が持つ、”ウザい”という才能

頭のよさ、学歴だけで、世界は回らない

私が思うに、そこには講義を静かに聞きながら、新たな知識を吸収しようといった発想は存在しない。いすから立ち上がらんばかりの迫力で自分の意見を発言する。猛反論され、論破されてしまってもいい。自分のポジションを明確にし、行動することで、新たな見解が開け、新たな学びがあるという世界なのだ。

この傾向はクラスルームの外でも変わらない。自分の趣味に合うクラブがなければ、自らクラブを立ち上げてプレジデント(部長)に就任し、大学から活動費を獲得する。どうしても就職したい会社があれば、あの手この手でネットワーキングして人間関係を作り、無報酬のインターンなどで会社に潜り込み、いつの間にかその会社から入社のオファーをもらっている。

こうした行動力が、将来のキャリアを大きく加速させることは間違いないし、こうした力の集積が、世界を動かしているかもしれない。大げさかもしれないが、そう思えることがある。

世界で戦えるのは、わきまえない日本人

私は日本人であることを誇りに思うし、日本的な美徳感覚はすばらしいと思う。しかし、世界のエリートと言われる人たちが、これほど軽やかなフットワークで物事を動かしているということを、多くの日本人に知ってほしい。ただでさえおとなしいと言われる日本人は、意識的にもっと動き回るべきだと思う。

日本では「わきまえる」や「空気を読む」といった感覚が、今でも何より重視されていると思う。しかし、海を渡った瞬間、その美徳は忘れたほうがいいと痛感する。

そういえば、この連載だって、私が東洋経済オンラインのコメントフォームからいきなり連絡したのがきっかけだった。あの「わきまえない」メールから約1年、何度も何度も編集部を説得し続け、ついに編集担当の方が折れた。こうして、ぴかぴかの経歴も文才もない私が連載させていただけるようになったのだ。

いつ打ち切りになるかわからないが、今後、できるかぎり現役MBA生から見た世界をお伝えしていきたい。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT