闘う現場の本当の敵は官僚的な本社の風土だ

シンプルに伝えたかったら徹底して考え抜け

田村:たしかに高知支店でも、若くても男でも女でも「とにかく自分の感じた考えを率直に言う」スタイルを貫いていました。これは議論や創発の場を通して、新たに価値観が生まれる条件だった。

野中:他者と向き合ったときに初めて、自分がやりたいことが見えてくる。それと同時に、「君」や「あなた」の二人称のやりとりを媒介にした共感が起これば、組織はそれを吸収・発散し全体として三人称のかたちに高めてくれる。その意味では、対話による共感の確立が最も重要な経営の種なのです。にもかかわらず現在、ICT(情報通信技術)への依存により、全人的に向き合い「暗黙知」を共有する場が減少しているのは、とても嘆かわしいことです。

田村さんの場合は、場の連鎖を地域で終わらせることなく、全国あるいは世界へと繋げていったという点で、まさにスパイラル運動を実践したといえます。その過程で理念やビジョンをわかりやすく言語化し、メンバーに伝えたことが大きい。何度も同じことを聞かされていくうちに、メンバーのなかで田村さんの言葉が身体化されて、具体的な行動が促されたのです。

シンプルに伝えるには、考え抜かないといけない

田村 潤(たむら じゅん)/元キリンビール株式会社副社長。1950年、東京都生まれ。成城大学経済学部卒業後、1973年にキリンビール株式会社入社。1995年に支店長として高知に赴任したのち、就任6年で県内トップシェアを奪回、V字回復させる。四国4県の地区本部長、東海地区本部長を経て、2007年に代表取締役副社長兼営業本部長に就任。全国の営業の指揮を執り、2009年、キリンビールのシェア首位奪回を実現した。2011年に独立、100年プランニング代表。2018年6月にPHP研究所より新刊発売予定(写真:『Voice』編集部提供)

田村:理念やビジョンと今日の仕事との繋がりをできるだけシンプルに伝えることは大事ですね。現場が理解できる言葉で伝えないと、営業マンも動けないし、その先にいるお客さまにも通じない。ただしシンプルに伝えるには、徹底して考え抜かないといけませんね。

野中:ええ。理念を考え抜いて凝縮したかたちで言語化する作業は、ものすごく難しい。実際、グローバル企業の理念はそうとう考え抜かれています。

たとえばトヨタの豊田章男社長は、“Creating Ever-better Cars(もっといい車づくり)” というスローガンを掲げています。経営を自動車の比喩で述べれば、スピードに応じて運転席から見える「風景」が変わるなかで、ドライバーである社員1人ひとりに「もっといい車とは何か」を熟考させ、“better” の意味を深掘りさせるという、豊田社長の志が伝わってきます。

田村:理念によって前進するエネルギーが生まれ、お客さまとの関係も強化されます。すると、理念がまた強固になる。理念が強まれば強まるほど、ますます活動のエッジが鋭くなり、井戸を掘り下げるように、深く世界に浸透する考えが生まれてくると思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。