「内定なき大学4年生」が今からできる2つの事

まずは自分を否定するのをやめてみる

一度選考に落ちても、学生にやる気がある限り、何度でも再挑戦させてくれる企業もあります。こうした企業を受けることで、面接の腕を磨き、自信をつけることにもつながります。

このほか、個人の事情に応じて、面接の時間を調整してくれたり、交通費を支給してくれたりと、選考の形態もいろいろあります。自信が持てないならば、最も力を出せるような選考をする企業を探すのも、1つの手段でしょう。

とはいえ、自分の強み、状況に合った企業を一人で探すのは、限度があると思います。そんなときこそ大学のキャリアセンターや就職エージェントのサポートは役に立ちます。われわれの部署であった話ですが、面接の直前まで電話で会話をし、気持ちが前向きに温まったところで送り出すというケースもありました。ぜひ周りを頼ってみてください。

「10社」を目標に活動を始めるべし

この時期に就職先が決まっていない学生たちのもう1つの共通点として、活動量が他の学生たちより少ない点が挙げられます。活動量が少ない理由は、「公務員志望だったが、試験に合格できなかった」「研究が忙しくて、十分活動できなかった」「就活に疲れて、途中でやめてしまった」「『ミュージシャン』『漫画家』などの夢があり、就職そのものに迷いがあった」などさまざま。だが、十分な数の企業と接することができず、自分に合う企業に出会えずにいるという部分では共通しています。

やはり、この時期は、活動量を増やしましょう。これまでの経験から、ひとつの目安は「10社」。接触している企業が10社に届かなかったり、選考に漏れて10社から減った場合は、新たな企業を視野に入れ、常に10社程度の選考が進んでいる状態を保つことが理想的です。ぜひ10社を意識して活動してみてください。

この時期に就職先が決まっていないと、「自分はひょっとしたら社会に必要とされていないのかもしれない」と考える人もいらっしゃるようです。しかし、誰にでも強みはありますし、昔と比べて今は求人も豊富なので、募集を続ける企業もあります。強みを自覚し、その強みに合った求人を見つければ、就職は決まります。今までの自分を否定せず、1つずつ強みを見つけて、就職につなげてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。