「2018年の10大リスク」の正しい読み方

トランプ大統領は、もはやリスクではない!?

最後は恒例の競馬コーナーだ。週末は京都2400m芝のサラ系4歳上オープンのハンデ戦、日経新春杯(1月14日、京都競馬場11R、G2)が行われる。

遅咲きの6歳馬「パフォーマプロミス」に肩入れする

あまり多くない頭数(12頭予定)の中に、ちょっと狙ってみたい馬が居る。その名はパフォーマプロミス。

すでに6歳馬だが、キャリアはまだ11戦。体調面で不安を抱え、3歳9カ月でようやくデビューした。「スーパー未勝利戦」(毎年秋に各地で行われる、未勝利の3歳馬の中で一定の条件を満たした馬だけが出られるレース。ここで勝てないとJRA登録の競走馬は引退、地方などへの転厩など、難しい立場に追いこまれる)を勝って、そこから3連勝。その後はしばらく我慢のレースが続いたが、直近の5レースは1着―2着―2着―3着―1着と長距離戦でしぶといところを見せている。

今回、とうとう重賞レースに出場するところまで手が届いた。こういう晩成タイプ、人間でもときどきいるよね。つい肩入れしたくなるじゃないか。

例年の日経新春杯は、元気のいい4歳馬が制することが多い。しかるに今年の4歳馬は牝馬のリカビトスの1頭のみ。だったら6歳馬でも、キャリア的には若いパフォーマプロミスで勝負してみよう。鞍上は騎乗停止明けで、勝利に飢えているはずのミルコ・デムーロ騎手。斥量(きんりょう)も54キログラムと恵まれている。

ここは単複併せた応援馬券を買って、遅咲きのステイゴールド産駒の重賞初勝利を祈ってみることにしよう……と思ったら、似たようなことを考えている人が結構多く、意外と人気になっているではないか。ギャンブラーとしては、それはちょっと困る。でも、今週末は素直に好きな馬を応援してみることにしよう。これも競馬だ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT