トランプ大統領「私の核ボタンの方が強力だ」

金委員長の演説に対抗してツイート

 1月2日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が1日の「新年の辞」で、「核のボタン」が常に机の上に置かれていると警告したことに対して、トランプ米大統領(写真)は、自分の核ボタンの方が「彼のものよりも大きく、強力だ。それに私のボタンは作動する」と語った。ツイッターに投稿した。2017年12月撮影(2018年 ロイター/Carlo Allegri/File Picture)

[ワシントン 2日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が1日の「新年の辞」で、「核のボタン」が常に机の上に置かれていると警告したことに対して、トランプ米大統領は2日、自分の核ボタンの方が「彼のものよりも大きく、強力だ。それに私のボタンは作動する」と語った。ツイッターに投稿した。

金委員長は「米全土がわれわれの核兵器の射程内にあり、核ボタンは私の机に常に置かれている。これは威嚇ではなく現実だ」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。