トランプ大統領「私の核ボタンの方が強力だ」

金委員長の演説に対抗してツイート

 1月2日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が1日の「新年の辞」で、「核のボタン」が常に机の上に置かれていると警告したことに対して、トランプ米大統領(写真)は、自分の核ボタンの方が「彼のものよりも大きく、強力だ。それに私のボタンは作動する」と語った。ツイッターに投稿した。2017年12月撮影(2018年 ロイター/Carlo Allegri/File Picture)

[ワシントン 2日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が1日の「新年の辞」で、「核のボタン」が常に机の上に置かれていると警告したことに対して、トランプ米大統領は2日、自分の核ボタンの方が「彼のものよりも大きく、強力だ。それに私のボタンは作動する」と語った。ツイッターに投稿した。

金委員長は「米全土がわれわれの核兵器の射程内にあり、核ボタンは私の机に常に置かれている。これは威嚇ではなく現実だ」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。