世界の麻薬王は誰もが名経営者かもしれない

世界を覆う「麻薬経済」の不都合な真実

麻薬ビジネスのあり方がグローバル企業のそれと酷似している?(写真:Syda Productions / PIXTA)

「一般企業もマフィアもやっていることは同じですよ」

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

もしあなたが真面目なサラリーマンで、誰かに面と向かってこんなことを言われたとしたら、どんな反応を示すだろうか。おそらく内心ムッとするはずだ。そして「とんでもない! 反社会的集団と企業を一緒にしないでください」とかなんとか反論のひとつも付け加えながら、納得のいかない表情を浮かべるのではないだろうか。

だが本書『ハッパノミクス』を読んだ後でも同じような認識でいられるかはおおいに疑問だ。もしかしたら笑顔で「ですよねー」と同意すらしているかもしれない。なにしろ本書によれば、斯界にその名を轟かす麻薬王は、誰もがみな名経営者だというのだから。

各国で行われてきた麻薬対策は間違っていた?

『エコノミスト』誌でエディターを務める著者は、ラテンアメリカで麻薬関連の取材をするうちに、麻薬ビジネスのあり方がグローバル企業のそれと酷似していることに気づく。

実際、麻薬ビジネスの規模はグローバル級で、本書によれば麻薬ビジネス全体の年間売上高は約3000億ドル(諸説あり。6000億ドルや8000億ドルという試算もある)。これは国にたとえると世界で40位以内に入る経済規模だという。

たしかに製品を設計、製造、輸送し、市場に流通させ、世界中の消費者へと販売するという一連の流れは、グローバル企業のビジネスと何ら変わりがない。この他にも人材の管理、政府の規制への対応、信頼できる供給業者の獲得、競合組織への対処など、麻薬カルテルのボスたちの悩みは企業経営者が日々頭を悩ませていることとまるで同じである。

著者は命がけの危険な取材で得た成果を最新の学説と結びつけ、本書で麻薬ビジネスを経済学的に分析してみせた。そこから見えてくるのは、これまで各国で行われてきた麻薬対策の誤ったアプローチだ。

次ページウォルマートを例にわかりやすく解説
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
中国、北米市場を攻略へ<br>日本映画産業が狙う金脈

映画興行収入がすさまじい勢いで増える中国、そして世界最大市場の北米。好調な日本の映画会社も、今後の人口減少や高齢化により海外展開は必須。邦画の海外攻略作戦を追う。