LINE、18年上半期に「シェア自転車」へ参入

中国モバイクと提携

 12月20日、LINEは、シェア自転車サービスに参入すると発表した。写真は都内で1月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] - LINE<3938.T>は20日、シェア自転車サービスに参入すると発表した。中国のシェア自転車サービス「摩拝単車(モバイク)」と提携し、2018年上半期にサービスを始める。

モバイクが今年6月に設立した日本法人にLINEが出資。LINEの顧客基盤などを活かすことで、モバイクが展開する日本でのサービスをサポートする。

出資比率は「20%以下」(出澤剛社長)という。

出澤社長は「これからいくつかシェアリング事業を立ち上げていくが、シェアバイクはそのファーストステップだ」と語った。

(志田義寧)

人気記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。