LINE、18年上半期に「シェア自転車」へ参入

中国モバイクと提携

 12月20日、LINEは、シェア自転車サービスに参入すると発表した。写真は都内で1月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] - LINE<3938.T>は20日、シェア自転車サービスに参入すると発表した。中国のシェア自転車サービス「摩拝単車(モバイク)」と提携し、2018年上半期にサービスを始める。

モバイクが今年6月に設立した日本法人にLINEが出資。LINEの顧客基盤などを活かすことで、モバイクが展開する日本でのサービスをサポートする。

出資比率は「20%以下」(出澤剛社長)という。

出澤社長は「これからいくつかシェアリング事業を立ち上げていくが、シェアバイクはそのファーストステップだ」と語った。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT