LINE、18年上半期に「シェア自転車」へ参入

中国モバイクと提携

 12月20日、LINEは、シェア自転車サービスに参入すると発表した。写真は都内で1月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] - LINE<3938.T>は20日、シェア自転車サービスに参入すると発表した。中国のシェア自転車サービス「摩拝単車(モバイク)」と提携し、2018年上半期にサービスを始める。

モバイクが今年6月に設立した日本法人にLINEが出資。LINEの顧客基盤などを活かすことで、モバイクが展開する日本でのサービスをサポートする。

出資比率は「20%以下」(出澤剛社長)という。

出澤社長は「これからいくつかシェアリング事業を立ち上げていくが、シェアバイクはそのファーストステップだ」と語った。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT