成功例ゼロ「食品EC」に挑んだ男の非凡な嗅覚

インターネットと食で感じた可能性とは

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

キーワードを基に様々なジャンルのフロントランナーからビジネスのヒントを聞く「飛躍のアルゴリズム」。今回はオイシックスドット大地・高島宏平社長。成功例がないと言われた「食品のネット販売」の分野で、ビジネスを軌道に乗せた高島氏の原動力に迫る。

高島宏平氏は1973年神奈川県生まれ。1998年東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻を修了後、マッキンゼーに入社。2000年に同社を退社後、インターネットで食材を一般家庭に宅配する「オイシックス」を設立。今年10月には、有機野菜宅配を手掛ける「大地を守る会」と経営統合し、「オイシックスドット大地」となった。

「インターネット×食」に感じた可能性

――1つ目のキーワードは「ネットで何かしたかった。選んだのは『食』の世界」ということですが、オイシックス設立当時の2000年といえば、インターネットそのものが珍しかったと思うんですが、なぜインターネットで生鮮食品の販売をしようと思ったのでしょう?

僕が大学生の頃に、初めてインターネットの存在を知って衝撃だったんですよね。インターネットって、誰でもテレビが作れちゃうみたいなもののように感じて、これは世の中を変えるなというふうに思って、インターネットを使って何か世の中にインパクトをあることをやりたいなっていうことを考えていて、その中で、今の仲間と議論した中で「食」っていう領域が、非常にやりがいがありそうだなっていうことで、「インターネット×食」で会社を立ち上げようというふうに決めました。

次ページ成功例なし…「闘争心に火がついた」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。