HIS、「2020年売上高1兆円」への期待と不安

旅行事業のコスト構造にメスを入れられるか

ハウステンボスはさまざまなイベントを実施し、集客を強化している。2018年1月からは花火師世界一を決める大会を実施する(写真:ハウステンボス)

「あくまでわれわれの目標で、絶対できるという約束はないが。ただ、世界的なプレイヤーになるために、2020年には売上高1兆円、利益1000億円を目指したい」――。

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の澤田秀雄会長兼社長は記者の質問にそう答えた。

期初目標に対し、利益は大幅な未達に

HISが12月8日に公表した2017年10月期決算は売上高6060億円(前期比15.7%増)、営業利益は159億円(同11.5%増)。前期比では増収増益となったものの、期初に目指していた営業利益200億円という目標に対しては未達となった。

一方、為替差益や買収に伴う段階取得差益を計上したこともあり、純利益は132億円(前期比約50倍)と過去最高を記録した。

HISにとっては内憂外患に悩んだ1年だったかもしれない。年度後半は盛り返したものの、高単価で利幅がもっとも厚い欧州方面の旅行が、2016年から相次ぐテロの影響で低迷。稼ぎ頭のハウステンボスも2016年4月の熊本地震の影響が想定以上に長引いたことで、収益は伸び悩んだ。

次ページ内部体制にも悩まされた1年
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT