HIS、「2020年売上高1兆円」への期待と不安

旅行事業のコスト構造にメスを入れられるか

ハウステンボスはさまざまなイベントを実施し、集客を強化している。2018年1月からは花火師世界一を決める大会を実施する(写真:ハウステンボス)

「あくまでわれわれの目標で、絶対できるという約束はないが。ただ、世界的なプレイヤーになるために、2020年には売上高1兆円、利益1000億円を目指したい」――。

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の澤田秀雄会長兼社長は記者の質問にそう答えた。

期初目標に対し、利益は大幅な未達に

HISが12月8日に公表した2017年10月期決算は売上高6060億円(前期比15.7%増)、営業利益は159億円(同11.5%増)。前期比では増収増益となったものの、期初に目指していた営業利益200億円という目標に対しては未達となった。

一方、為替差益や買収に伴う段階取得差益を計上したこともあり、純利益は132億円(前期比約50倍)と過去最高を記録した。

HISにとっては内憂外患に悩んだ1年だったかもしれない。年度後半は盛り返したものの、高単価で利幅がもっとも厚い欧州方面の旅行が、2016年から相次ぐテロの影響で低迷。稼ぎ頭のハウステンボスも2016年4月の熊本地震の影響が想定以上に長引いたことで、収益は伸び悩んだ。

次ページ内部体制にも悩まされた1年
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。