HIS、「2020年売上高1兆円」への期待と不安

旅行事業のコスト構造にメスを入れられるか

ハウステンボスはさまざまなイベントを実施し、集客を強化している。2018年1月からは花火師世界一を決める大会を実施する(写真:ハウステンボス)

「あくまでわれわれの目標で、絶対できるという約束はないが。ただ、世界的なプレイヤーになるために、2020年には売上高1兆円、利益1000億円を目指したい」――。

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の澤田秀雄会長兼社長は記者の質問にそう答えた。

期初目標に対し、利益は大幅な未達に

HISが12月8日に公表した2017年10月期決算は売上高6060億円(前期比15.7%増)、営業利益は159億円(同11.5%増)。前期比では増収増益となったものの、期初に目指していた営業利益200億円という目標に対しては未達となった。

一方、為替差益や買収に伴う段階取得差益を計上したこともあり、純利益は132億円(前期比約50倍)と過去最高を記録した。

HISにとっては内憂外患に悩んだ1年だったかもしれない。年度後半は盛り返したものの、高単価で利幅がもっとも厚い欧州方面の旅行が、2016年から相次ぐテロの影響で低迷。稼ぎ頭のハウステンボスも2016年4月の熊本地震の影響が想定以上に長引いたことで、収益は伸び悩んだ。

次ページ内部体制にも悩まされた1年
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT