香川所属のドルトムント、故障者続出で苦境

フィリップひざ重傷、カストロは靱帯断裂か

 12月2日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、香川真司が所属するドルトムントでは、けが人が続出中。2日のレーバークーゼン戦でもFWマキシミリアン・フィリップとMFゴンサロ・カストロが負傷退場となった。写真はドルトムントのピーター・ボス監督(2017年 ロイター/Thilo Schmuelgen)

[ベルリン 2日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、香川真司が所属するドルトムントでは、けが人が続出中。1─1で引き分けた2日のレーバークーゼン戦でもFWマキシミリアン・フィリップとMFゴンサロ・カストロが負傷退場となった。

フィリップは出場停止のピエール・エメリク・オーバメヤングの代わりに先発したが、開始直後にひざを痛めて担架で運び出された。カストロは前半終了間際に相手選手のタックルで足首を負傷し、香川と交代した。

フィリップはひざに重傷を負ったとみられ、カストロは靱帯を断裂した可能性がある。

ドルトムントではマルコ・ロイスやマリオ・ゲッツェら、複数の選手がけがで離脱中。チームは国内リーグでは9月以降、勝利から遠ざかっており、暫定6位まで順位を下げている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。