香川所属のドルトムント、故障者続出で苦境

フィリップひざ重傷、カストロは靱帯断裂か

 12月2日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、香川真司が所属するドルトムントでは、けが人が続出中。2日のレーバークーゼン戦でもFWマキシミリアン・フィリップとMFゴンサロ・カストロが負傷退場となった。写真はドルトムントのピーター・ボス監督(2017年 ロイター/Thilo Schmuelgen)

[ベルリン 2日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、香川真司が所属するドルトムントでは、けが人が続出中。1─1で引き分けた2日のレーバークーゼン戦でもFWマキシミリアン・フィリップとMFゴンサロ・カストロが負傷退場となった。

フィリップは出場停止のピエール・エメリク・オーバメヤングの代わりに先発したが、開始直後にひざを痛めて担架で運び出された。カストロは前半終了間際に相手選手のタックルで足首を負傷し、香川と交代した。

フィリップはひざに重傷を負ったとみられ、カストロは靱帯を断裂した可能性がある。

ドルトムントではマルコ・ロイスやマリオ・ゲッツェら、複数の選手がけがで離脱中。チームは国内リーグでは9月以降、勝利から遠ざかっており、暫定6位まで順位を下げている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。