夢追う夫を本気にさせるために妻がしたこと

読み切り小説:ベーシック・インカム

習い事を追加することこそがストレスの原因じゃないか、と思いつつも、それを顔に出してはいけない。

「そ、それで、いくらくらいかかるの」

「ふつう、1時間数千エンってところかな」

僕は、「い、いいんじゃない」と詰まりぎみに言った。家計は赤字になるかもしれない。でも、貯金を少々取り崩す程度で済むだろう。貯金が尽きるまでに売れる本を書けばいいのだ。

考えてみれば料理もアロマテラピーも、よりおいしいものを食べさせたいとか、ストレスを減らしてあげたいとか、スランプに苦しむ僕に対する優しさからなのかもしれない。その優しさを無下にしてはいけない、と僕は思った、のだけれども――

わが家の家計は遠くない将来破綻する

さらに1カ月後、夕食の食卓で妻が言った。

「あのね、習い事をもう1つやろうと思って」

「え、え、また?」

勘弁してくれよ、ということばが頭に浮かんだが、口に出すのはぐっとこらえた。

「なにを習いたいの」

「カービング」

「カ、カ、カ、カービング?」声が裏返ってしまった。「なんなの、それ」。

「彫刻ね。野菜とかフルーツとかせっけんとかをナイフでお花とかの形に削るのよ」

「そのカービングとやらは、いくらかかるの?」と、僕はおそるおそる訊いた。

「そうねぇ。1時間あたり数千エンってところでしょう。あっ、材料費は別ね」

僕は頭のなかで計算した。3つの習い事をそれぞれ週1回2時間ずつ通うとし、1時間あたり2000エンだとすれば月に約5万エン。それに材料費が加わる。

そんな状態が続けば、わが家の家計は遠くない将来破綻する。

僕は否の意を婉曲に言うことばを探した。

ところが妻は「ごちそうさま」といいながら食器を持って立ち上がり、キッチンへ消えてしまった。

次ページなんとしても売れる本を書かねばならない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。